주요 기사 바로가기

英ジャーナリスト「米国野球は日本に敗戦…リーグに『ワールド』付けるのはおかしい」

ⓒ 中央日報日本語版2021.08.04 15:02
0
英国のジャーナリスト、ピアーズ・モーガン氏がSNSに「もう米国の国内野球をワールドシリーズと呼ぶのをやめる時になった」というコメントを載せた。

モーガン氏は「米国はオリンピック(五輪)で日本に敗れた」とし「世界のスポーツリーグには世界的な選手がいる。しかし各チャンピオンは『国内チャンピオン』と呼ばれる。自国リーグのチャンピオンに『ワールド』を付けるのは米国だけであり、おかしい」と主張した。

米国は2日に行われた東京五輪の野球の準々決勝で日本に6-7で敗れた。アメリカンリーグ(AL)とナショナルリーグ(NL)チャンピオンが対戦するメジャーリーグ(MLB)のファイナルの公式名称は「米国シリーズ」ではなく「ワールドシリーズ」だ。韓国国内で「韓国シリーズ」、日本国内で「日本シリーズ」と呼ばれるのとは違う。

これに関し元メジャーリーガーのジョシュ・サティン氏は「米国代表チームが日本に負けたからといって世界最高のリーグが見下されるべきなのか」と怒りを表し、「MLB最高の選手たちは五輪に出場もしていない。彼らは現在リーグでプレーしている」と反論した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP