주요 기사 바로가기

SKイノベーション、バッテリー事業分割を決定…10月に別途法人が発足

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.04 13:22
0
今年10月、SKグループのバッテリー・石油開発事業部門別に新設法人がそれぞれ発足する。1962年韓国初の製油企業としてスタートしたSKイノベーションは「グリーン事業」を発掘する持株会社に変身する。

SKイノベーションは3日、理事会を開いてバッテリー事業と石油開発(E&P)事業をそれぞれ分割することを議決したと4日、発表した。新設法人は9月16日の臨時株主総会の承認を経て10月1日付で発足する予定だ。法人名はそれぞれSKバッテリー株式会社(仮称)、SK E&P株式会社(仮称)になる。SKバッテリー(仮称)は電気自動車用の中・大型バッテリー、エネルギー保存装置(BaaS、ESS)事業などを行う予定だ。SK E&Pは石油開発生産・探査事業、CCS(炭素捕集・保存)事業などに集中する計画だ。

◆LG化学と同じ物的分割方式

SKイノベーションの分割は同社が新設法人の発行株式総数を所有する単純・物的分割方式で行われる。SKイノベーションが各新設法人の株を100%持ち、分割対象事業に属する資産、債務は新設法人に移転する。これに先立ち、競争会社であるLG化学も昨年10月、バッテリー事業を物的分割する形でLGエナジーソリューションを設立した。現在、LG化学は年内の上場を目指して株式公開(IPO)を推進中だ。SKバッテリー(仮称)もIPOなどを通して事業を拡張するものと予想される。

SKイノベーションの金宗フン(キム・ジョンフン)理事会議長は「各事業の特性に合う経営システムを構築して専門性を高め、根本的な競争力を先制的に強化するために分割を決めた」とし「各事業別に投資誘致や事業価値の増大を通じて経営環境にさらに幅が広く速かに対応できる柔軟性をつけていく」と話した。

◆SKイノ、グリーン開発持株会社で

核心事業部門を分割することになったSKイノベーションは今後はグリーン(親環境事業)ポートフォリオを開発する持株会社として企業価値を高めるために力点を置くと明らかにした。研究・開発(R&D)、事業開発、合併・買収(M&A)の力を強化して第2、第3のバッテリー・セパレータ(LiBS)事業を発掘する計画だ。

これに先立ちSKイノベーションは7月にグリーン中心成長に向けて2025年までに合計30兆ウォン(約2兆8500億円)を集中投資して現在30%水準の親環境事業資産の比率を70%まで高めると明らかにした。SKイノベーションの金俊(キム・ジュン)総括社長は「分割を通じてグリーン成長戦略を完成させて、利害関係者が満足できる企業価値を作り出していく」と話した。

◆半期営業利益が1兆ウォンにも分割のニュースに株価下落

一方、SKイノベーションは4-6月期売上11兆1196億ウォン、営業利益は5065億ウォンを記録して前年同期と比べて黒字への転換に成功した。上半期基準で営業利益は1兆ウォンを超えた。半期営業利益が1兆ウォンを超えたのは2018年以来3年ぶりだ。潤滑油事業は4-6月期に営業利益2265億ウォンを記録して実績改善を先導した。2009年子会社SKルブリカンツが分割して以来、歴代最高の実績だ。製油会社の稼動率が下がりながら供給不足現象でマージンが大きく膨らんだ。

バッテリー事業は依然として赤字が続いたが損益は大幅に改善された。4-6月期売上6302億ウォンを記録して2四半期連続で売上5000億ウォンを超えた。赤字幅は979億ウォンまで減って3四半期ぶりに赤字が1000億ウォン未満に減った。だが、歴代級の実績にもかかわらず、バッテリー事業分割の便りが伝えられると株価は取引序盤から大幅に下落した。この日午前10時、SKイノベーションの株価は前日より1万3500ウォン(5.55%)安の23万9500ウォンを記録した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP