주요 기사 바로가기

韓国観光公社、日本のMZ世代に合わせたコンテンツで韓国観光を広報

ⓒ 中央日報日本語版2021.08.04 12:08
0
韓国観光公社は新型コロナ以降を狙い、日本のMZ世代の新しくて多様な関心事に着目して韓流、ウェブトゥーンなど様々なニューノーマル時代のカスタマイズ型事業を7月末から進めていると4日、明らかにした。韓国では、1981~1995年の間に生まれたミレニアル世代と1996~2012年の間のZ世代を併せて「MZ世代」と呼ぶ。

まず、公社は最近、日本社会全般で注目している「持続可能な開発目標(SDGs)」をテーマに7月28日日本の中高校生1000人余りを対象にした仮想の韓国修学旅行を実施した。この日、仮想の修学旅行は肺産業施設を生態・文化活動空間として再生し、持続可能なコンテンツとして注目されている文化備蓄基地〔ソウル麻浦区(マポグ)〕を生中継で見せながら、生徒たちが都市再生や環境、歴史、文化、韓流、平和など新しい韓国観光の魅力に接することができるように設けた。公社は8月11日、ワイヤー工場をリモデリングした釜山(プサン)の代表複合文化空間「F1963」で2回目の仮想韓国修学旅行を進める予定だ。

7月17日、福岡の繁華街である天神にオープンした韓国文化体験空間「Touch the K」も日本のMZ世代の人気を呼ぶ新しい場所になっている。Touch the Kはソウルのホットプレイスに来たかのような雰囲気を味わせる空間で、多様なフォトゾーン、韓国化粧品、伝統工芸などを体験できる体験ゾーン、韓国旅行を準備できる観光ゾーンなどが用意された。

韓国観光公社福岡支社は「韓国の小道具や料理、場所などの写真を撮影し、まるで韓国に行ったような気分を味わせる、いわゆる『渡韓ごっこ』が日本のMZ世代のSNSでの人気活動」とし「Touch the Kを活用して日本のMZ世代の感性を刺激する各種イベントを実施する予定」と明らかにした。

韓国観光公社のキム・ヨンジェ北東アジアチーム長は「日本のMZ世代の目の高さに合わせ、韓流および韓国型ESG観光コンテンツなどを活用してポストコロナ時代に訪韓観光の早期回復に向けたマーケティングを持続的に展開していく」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国観光公社、日本のMZ世代に合わせたコンテンツで韓国観光を広報

    2021.08.04 12:08
    뉴스 메뉴 보기
    韓国トレンド体験館「Touch the K」の会場全景
    TOP