주요 기사 바로가기

<東京五輪>韓国アーチェリー代表キム・ジェドク、「コリアファイティング叫ぼうとのどの手入れまでした」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.04 12:06
0
東京五輪のアーチェリーで、混合団体と男子団体で2冠を達成したキム・ジェドク選手(17)が力強く「ファイティング」と叫ぶためのどの手入れをしていたと明らかにした。

キム・ジェドクは4日、CBSラジオのニュース番組とのインタビューで、「試合をしようが応援をしようがたくさんファイティングを叫ぶことになるが、のどが当然かれる。ファイティングと叫び続ける耐性も積まなくてはならないと考える」としてこのように話した。

静かなスポーツとして知られるアーチェリーでキム・ジェドクは大会中に「ファイティング」「コリア・ファイティング」と大きく叫び続け目を引いた。司会者が「のどの手入れをするほどなのか」と尋ねると、キム・ジェドクは「あまりにも(ファイティングを)たくさん叫んで、次の日に競技しながらファイティングを叫ぶべき状況なのに当日にとてもたくさん叫んでしまいのどがかれた。初めてのどの手入れをしてみた」と明らかにした。

キム・ジェドクは9月の世界アーチェリー選手権大会を準備していると説明した後、「周りに誘惑が多いと思うが、夢と目標に向けてなら我慢して耐えられる。私がやりたいこと、もっとやりたいことがアーチェリーであるため」と強調した。

キム・ジェドクは今大会で最も記憶に残る試合として、日本と対戦した男子団体準決勝を挙げた。キム・ジェドクは「欲を出さずそのまま自分自身だけ信じて撃とう、はずれてもいいからと撃つ前に考えた。いろいろ考えた1射だったが、撃ってから画面を見たら幸いにも10点が入った」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <東京五輪>韓国アーチェリー代表キム・ジェドク、「コリアファイティング叫ぼうとのどの手入れまでした」

    2021.08.04 12:06
    뉴스 메뉴 보기
    キム・ジェドク、オ・ジンヒョク、キム・ウジンが26日、東京・夢の島公園アーチェリー場で開かれた男子アーチェリー団体4強戦で決勝戦進出を確定した後、歓呼している。[写真 オリンピック写真共同取材団A]
    TOP