주요 기사 바로가기

<東京五輪>運命の野球韓日戦、勝負のカギは

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.03 17:46
0
決勝戦で実現した野球韓日戦。勝負は1・2番のテーブルセッター競争で決まる可能性が大きい。どのチームでより多くのチャンスを中心打線につなげられるかがカギだ。

金卿文(キム・ギョンムン)監督率いる野球韓国代表チームは4日、横浜スタジアムで東京五輪野球準決勝戦で「宿命のライバル」日本と対戦する。独特の大会規定上、敗れても脱落ではない。敗者復活戦で決勝に上がる方法はあるがもう少しスムーズな日程のためにも勝利が必要だ。韓日戦の意味を考えればさらに逃すことはできない。

試合は打撃戦が有力だ。東京五輪の野球は日程が厳しい。予選リーグで2試合を行い、変則敗者復活戦方式のノックアウトステージまでこなす。韓国代表チームだけでも先月29日から2日までの5日間に予選リーグ2試合とノックアウトステージ2試合の4試合を行った後、1日の休息後準決勝を迎える。投手の疲労が蓄積し苦しくなるほかない。6日間に3試合をこなした日本は韓国より日程に余裕があった。しかし2日の米国戦後に1日休息してすぐ準決勝戦に出る。

相手マウンドを崩すキーマンは「お膳立て」をするテーブルセッターだ。金監督は今大会でパク・ヘミン(サムスン)を1番打者に固定した。パク・ヘミンは4試合すべてで安打を叩き出し打率0.571(14打数8安打)で猛打を振るった。

キム監督は予選リーグではイ・ジョンフ(キウム)を2番に入れたが、ノックアウトステージではカン・ベクホ(KT)を2番に上げた。4番で振るわなかったカン・ベクホは2番で8打数5安打と生き返った。2日に行われたイスラエルとのノックアウトステージ第2ラウンドではパク・ヘミンとカン・ベクホが安打6本を合作した。中心打線にチャンスがうまくつながりスムーズな試合運びができた。大会初のコールドゲームでイスラエルを制圧す原動力だった。

日本も似ている。稲葉篤紀監督は今大会のテーブルセッターを山田哲人(ヤクルト)、坂本勇人(読売)に任せている。両選手は打順変化がない。山田は大会打率が0.250(12打数3安打)と低い。だが甘く見る相手ではない。日本プロ野球盗塁王を2015年、2016年、2018年の3回記録した俊足だ。先月31日のメキシコとの予選リーグでは4打数2安打(1本塁打)4打点1得点1四球2盗塁を記録した。

2番打者の坂本は大会打率が0.429(14打数6安打)と高い。日本の打者のうち打撃感が最も良い。2日の米国戦では5打数3安打(2二塁打)1打点で攻撃の活路を見いだした。日本は3番吉田正尚(オリックス)が3割台の打率を維持している。山田と坂本の出塁を封じ込めることが大量失点を避ける近道だ。

攻撃先鋒に立つテーブルセッター、だれが泣いてだれが笑うか。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <東京五輪>運命の野球韓日戦、勝負のカギは

    2021.08.03 17:46
    뉴스 메뉴 보기
    野球韓国代表チームのパク・ヘミンが1日に横浜スタジアムで行われた韓国・ドミニカ共和国戦1回裏に無死から安打を放った。パク・ヘミンは今大会の1番打者で、自身の役割を100%やり遂げている。[写真 五輪写真共同取材団]
    TOP