주요 기사 바로가기

IOC、毛沢東バッジつけて表彰台に立った中国選手らの調査に着手

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.03 16:34
0
東京五輪に出場した中国代表チームの選手2人手が表彰台に立つ際に毛沢東バッジをつけていたことに対して国際オリンピック委員会(IOC)が調査に着手したとロイター通信が3日に報道した。

報道によると、IOCのアダムス報道官は「われわれは中国五輪委員会と接触しこの状況に対する報告を要請した。この問題を調査している」と話した。

自転車競技女子スプリント団体戦で金メダルを取った中国代表チームの鮑珊菊と鍾天使は2日の表彰式で毛沢東を象徴するバッジをつけて表彰台に上がった。この行為は政治的意思の表現を禁止した五輪憲章第50条に違反する素地がある。

IOCはこれに先立ち米砲丸投げの銀メダルを獲得したレーベン・ソーンダーズが1日に表彰台に上がって両腕を交差させ「X」の字を作ったのと関連しても憲章に違反していないか調査している.黒人同性愛者で同性愛とうつ病と関連した意見を表明し続けてきたソーンダーズは自身の行動が「抑圧されるすべての人が出会う交差点を象徴したもの」と明らかにしている。

米国オリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)はソーンダーズの行動が「人種的、社会的正義を支持する平和的表現」のため他の選手らを尊重していなかったり妨害したりしたものではないとの立場だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP