주요 기사 바로가기

<東京五輪>選手村にユニホーム捨てたメキシコ代表選手が謝罪

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.03 14:55
0
2020東京オリンピック(五輪)を終えた後、代表チームのユニホームを選手村のごみ箱に捨てて物議を醸したメキシコのソフトボール代表選手らが、SNSで公開的に謝罪した。メキシコ代表の投手ダニエジェ・オトゥールは2日、自分のSNSに英語とスペイン語の謝罪文を載せた。

ダニエジェ・オトゥールは謝罪文で、試合で着たユニホームは捨てなかったとしながら「東京に服を置いてきたことに対する責任がある。国際宅配便を送ることができるか調べてみたが、荷物が入ったボックスは含まれないと聞いた。旅行バッグにすべての荷物を入れる必要があった」と説明した。続いて「正当化されないことであり、他の方法を考えるべきだった。心から謝罪する」とコメントした。

ダニエジェ・オトゥールだけでなく、アニサ・ウルテス、 アマンダ・サンチェスもSNSで謝罪した。

ソフトボールのメキシコ代表は今大会を4位で終えて選手村を離れた。その後、ボクシング同国代表のブリアンダ・タマラはソフトボール代表チームのユニホームと運動靴を選手村のごみ箱で発見した。ブリアンダ・タマラは「ユニホームは数年間の努力と犠牲、涙を象徴する」としてSNSでこれを知らせた。

波紋が広がると、メキシコ五輪委員会のカルロス・パディヤ会長は現地メディアのインタビューで「強い憤りを感じる」とし、懲戒を示唆した。メキシコソフトボール連盟は飛行機に載せる荷物の重さを減らすためだったと釈明し、該当選手を代表チームから除名すると伝えたが、非難は続いた。

一方、メキシコの選手15人のうち14人はメキシコでなく米国生まれであり、愛国心が弱いのではという指摘もあった。ダニエジェ・オトゥールは「メキシコの国旗を胸に付けたことは光栄であり特権だった。悪意はなかった」と釈明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <東京五輪>選手村にユニホーム捨てたメキシコ代表選手が謝罪

    2021.08.03 14:55
    뉴스 메뉴 보기
    2020東京五輪のメキシコソフトボール代表選手ダニエジェ・オトゥール インスタグラム キャプチャー
    TOP