주요 기사 바로가기

中国YMTC、128層NANDを量産…韓国との格差128層Nに縮めた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.03 14:05
0
中国メモリー半導体企業の長江存儲科技(長江メモリー・テクノロジーズ、YMTC)が128層3D NAND型フラッシュメモリー製品の量産を開始した。中国の「半導体崛起」の意志は健在だということだ。

2日、台湾デジタイムズ(DIGITIMES)は最近YMTCがSSD(ソリッドステートドライブ)用の128層3D NAND型フラッシュメモリー製品を出荷したと報じた。128層積層型NAND型フラッシュメモリーはサムスン電子が2019年8月、SKハイニックスが昨年4-6月期にそれぞれ量産に入った技術だ。

関連業界によると、YMTCは昨年4月に128層NAND技術を開発した。だが、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の拡大と親会社の清華紫光集団(Tsinghua Unigroup)の流動性問題で予定よりも遅く量産手続きに入ったことが分かった。

YMTCは2018年末に64層と96層を飛ばして直ちに128層NAND開発に突入し、2020年末に量産を始めると宣言した。当時YMTCは32層製品を出している水準だった。32層NANDはサムスン電子が2014年に量産を始めた技術だ。換言すれば、技術だけを見ると中国と韓国の格差が従来3~4年から1~2年に狭まったということだ。

3D NANDは平面構造のメモリーを垂直に積み上げたもので、層数が高いほど容量が大きくなる。業界では層数により第3世代(32層)、第4世代(64、72層)、第5世代(92、96層)、第6世代(128層)に区分する。1世代を超えるためには通常1~2年ほどかかる。

YMTCが128層3DNAND型フラッシュメモリーの量産に入ったが、当面業界に及ぼす影響は小さいものとみられる。収率(ウェハー1枚から生産される正常半導体チップの比率)と安全性が確認されておらず、中国内の需要も制限的なものだとみられるためだ。

韓国半導体産業協会のアン・ギヒョン専務は「YMTCが128層NAND量産を始めたとしても収率は非常に低くてこれを高く購入する官給供給の他に需要は多くないだろう」と予想した。アン専務は引き続き「YMTCの収率が安定的に上がってきているが、少なくとも1~2年はかかるだろう」としながら「その前に韓国企業の量産技術はさらに一段階アップするだろう」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国YMTC、128層NANDを量産…韓国との格差128層Nに縮めた

    2021.08.03 14:05
    뉴스 메뉴 보기
    中国長江存儲科技(長江メモリー・テクノロジーズ、YMTC)が2020年4月に開発したとして公開した128層NAND型フラッシュメモリーの製品。[写真 YMTCホームページ キャプチャー]
    TOP