주요 기사 바로가기

「これが監獄」選手らが座り込みまで決行した五輪隔離施設

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.03 06:57
0
東京オリンピック(五輪)の出場のために日本に到着した後、新型コロナの陽性と判定された選手らが相次ぎ不満を提起している。

2日、毎日新聞によると、日本政府が用意した施設に隔離されている選手たちは不十分な食事や窓が開かない環境などを問題にして「非人道的」と反発した。

先月27日にはオランダ代表チーム選手らが隔離されているホテルのロビーで窓でも開けてほしいとして座り込みを決行する事件も発生した。

スケートボード選手のカンディ・ジェーコブスは「外側の空気を吸えないのは、あまりにも非人道的」とし「精神的にひどく追い詰められた」と訴えた。先月21日から隔離措置されたジェーコブスは、ホテルの部屋で一人でスケートボードを練習している映像を撮影して自身のインスタグラムに投稿した。

結局、オランダ選手らは座り込みの末に当局者の立ち会いの下で15分間窓を開けることを許された。国際オリンピック委員会(IOC)も今後隔離環境を改善するという立場を明らかにした。

ただし、日本側は「隔離された選手らの体調維持のために適切に対処している」という立場だ。オランダ選手たちの問題提起に対しても「在日オランダ大使館やオランダ・オリンピック委員会から理解、感謝されている」と反応した。

ドイツ・ベルリンに拠点を置くアスリートの人権擁護団体は先月30日、隔離されている選手らの処遇改善を求める声明を発表した。この団体代表は「IOC構成員は高級ホテルで過ごす中、新型コロナで陽性と診断された選手たちが監獄のような状況で過ごさなくてはならないのは、ばかげている」と批判した。

この団体は隔離用ホテルは喚起ができず、選手たちにバランスの良い食事も提供されていないと指摘した。また、選手たちがトレーニング後の服を直接洗わないといけないほか、医療従事者との言葉の壁などの問題もあると指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「これが監獄」選手らが座り込みまで決行した五輪隔離施設

    2021.08.03 06:57
    뉴스 메뉴 보기
    2020東京オリンピックスタジアム[写真 東京=オリンピック写真共同取材団]
    TOP