주요 기사 바로가기

ソウル警察庁、相馬公使を告発した市民団体代表を調査…「国民として屈辱」

ⓒ 中央日報日本語版2021.08.02 15:22
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領に性的な発言をしたとして在韓日本大使館の相馬弘尚総括公使を告発した市民団体代表が告発人調査を受けた。

ソウル警察庁反腐敗・公共犯罪捜査隊は、相馬総括公使を侮辱・名誉毀損容疑で先月19日に告発したシン・スンモク積弊清算国民参与連帯代表を2日に呼んで調査を行った。

この日、シン代表は「大韓民国の国民として屈辱を感じた」とし「国民も憤りを感じていて、慨嘆するしかない」と述べた。続いて「日本政府が『遺憾』という言葉で消極的な対処をしていたが、警察が相馬公使に対する捜査を着手するとみられ、あたふたと相馬公使に帰国命令を出したとようだ」とし「大韓民国の国民の名前で日本政府の公式謝罪を促す」と強調した。

相馬総括公使は先月15日、あるメディア関係者との昼食で韓日関係をテーマに話す際、「文大統領がマスターベーション(自慰行為)をしている」と発言した事実が伝えられた。

菅義偉首相は先月19日、「外交官として極めて不適切な発言であり遺憾」と表明した。

シン代表は「侮辱や名誉毀損は親告、反意思不罰罪に該当し、外交官免責特権も予想した」とし「しかし大韓民国の国民として告発もしないというのはあり得ない。抗議の意思を伝える次元」とし、告発の理由を説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP