주요 기사 바로가기

現代自動車、水素自動車1位疾走…ネクソでトヨタの追撃振り払う

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.02 11:47
0
「ネクソ」を前面に出した現代自動車がトヨタの猛追撃を振り払い上半期に世界の水素燃料電気自動車販売1位を記録した。市場調査会社のSNEリサーチが2日に明らかにしたところによると、上半期に各国で登録された水素燃料電気自動車の総販売台数は9000台を超えた。これは前年同期比2.2倍以上増えた数値だ。

メーカー別では2020年に年間1位を占めた現代自動車がトヨタを押さえ再びトップに上がった。1-3月期にトヨタは「ミライ」第2世代新モデル発売を足がかりに現代自動車を抜いて1位に上がった。だが現代自動車は1月に発売した第1世代ネクソの2021年型モデルの販売台数が4-6月期に入り前年同期比91.1%も増え上半期1位を守った。現代自動車は上半期に4700台を売り51.7%、トヨタは3700台を売り40.9%のシェアとなった。

トヨタは1位から下がったがミライ第2世代新モデルを前面に出し昨年上半期より7倍以上急成長した。SNEリサーチは「シェアが70%前後に達した圧倒的な2020年の様相とは違い、トヨタと市場を二分する構図が形成され現代自動車がいつでもトヨタに再逆転される可能性を抱えることになった。現代自動車には基礎競争力培養と市場戦略点検などがさらに求められるだろう」と評価した。

一方、6月に看板モデル「クラリティ」の生産中断を発表したホンダは、上半期のシェアが昨年の8%から今年は3.4%に下落した。SNEリサーチは「現代自動車とトヨタの2強構図が続く中で、今後ホンダの市場での立地がさらに急激に縮小されるだろう」と予想する。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    現代自動車、水素自動車1位疾走…ネクソでトヨタの追撃振り払う

    2021.08.02 11:47
    뉴스 메뉴 보기
    現代自動車の水素電気自動車「ネクソ」。[写真 現代自動車]
    TOP