주요 기사 바로가기

「男性のフィジカルで女子競技への出場は公正か」五輪初の性転換選手が論争に(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.02 08:42
0
オリンピック(五輪)初のトランスジェンダー選手の競技日が近づき、「公正性論争」が強まっている。男性の身体条件を持って生まれたが、性転換の手術をしたとして女子競技に出場することは公正なのかという指摘だ。

米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は31日(現地時間)、ニュージーランド女子重量挙げウエイトリフティング代表チームのローレル・ハバード(43)の出場日(8月2日)を控えて、男子大会に出場していたハバードが「不当な利点」を持っているのではないかと’運動界や女性スポーツ界などから疑問が起きていると報じた。ハバードは8年前に性転換手術を受ける前まで男子ウエイトリフティング選手として活動してきた。

国際オリンピック委員会(IOC)は2015年に性転換選手の五輪出場を許容した。当時、性転換選手が女子の部の大会に出場するには最初の大会直前に、少なくとも12カ月間男性ホルモン「テストステロン」の血中濃度が10n mol/L(1リットルあたり10ナノモル)以下でなければならないという指針を出した。

男性として生まれて105キロ級男子ウエイトリフティング選手として活躍したハバードは2013年に性転換手術を受けた。2015年から何度もホルモン検査を受け、2016年12月テストステロン数値がIOCと国際重量挙げ連盟(IWF)が提示した数値以下に落ち、「女子ウエイトリフティング選手資格」を得た。男子選手として活動している時の名前は「ケビン」だった。

◆性転換後、「女子ウエイトリフティング選手」として頭角現す

ハバードは性転換後、「女子ウエイトリフティング選手」として頭角を現わし始めた。2017年ニュージーランド国家代表選手に抜擢されて、同年12月米国カリフォルニア州アナハイムで開かれた世界ウエイトリフティング選手権大会で銀メダルを獲得した。

女子最重量級でスナッチ124キロ、ジャーク151キロを持ち上げて合計(275キロ)で2位に入った。性転換選手が世界ウエイトリフティング選手権でメダルを獲得したのはハバードが初めてだ。「ウエイトリフティング弱小国」ニュージーランドで男・女選手をあわせて世界ウエイトリフティング選手権大会メダルを取った初めての選手としても記録された。

ハバードは2日、東京国際フォーラムで開かれるウエイトリフティング女子最重量級(87キロ以上)に出場する。競技に先立ちハバードは声明を出して「五輪が私たちの希望と理想、価値を掲げる国際的なイベントということを知ることになった」とし「私の五輪出場のために努力してくれたIOCに感謝する」と明らかにした。 「男性のフィジカルで女子競技への出場は公正か」五輪初の性転換選手が論争に(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「男性のフィジカルで女子競技への出場は公正か」五輪初の性転換選手が論争に(1)

    2021.08.02 08:42
    뉴스 메뉴 보기
    国際オリンピック委員会
    TOP