주요 기사 바로가기

現代車、ロシア市場に「オールイン」…生産拡大中

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.31 13:40
0
「凍土の地」ロシア自動車市場が熱くなっている。昨年コロナで萎縮した市場規模を拡大するためロシア政府も関連産業の育成に取り組んでいる。

ロシア自動車統計専門サイトASMホールディングスによると、ロシアの自動車生産台数は今年1-5月基準で68万6500台と、前年同期比49%増加した。このうち乗用車が61万台で、同比50.5%増えた。商用車は4万6600台で同比50.3%増。

2010年にロシアに進出した現代自動車も前年比で生産が大幅に増加している。現代車サンクトペテルブルク工場の上半期の生産台数は12万3000台と、前年比で40%増加した。同工場ではソラリス(小型セダン)とクレタ(小型SUV)モデルを生産している。起亜のリオ(小型セダン)とリオX(ハッチバック)もこの工場で生産される。現代車ロシア法人は「今年は23万台を生産する計画」とし「3交代週5日生産体系を維持している」と伝えた。

最近、ロシア市場ではSUV人気が続き、現代車工場もSUVの生産に注力している。昨年はコロナで停滞したが、ロシア市場で現代車のシェア拡大は現在進行形だ。昨年末には2015年に稼働を中断したゼネラルモーターズ(GM)のサンクトペテルブルク工場を買収した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    現代車、ロシア市場に「オールイン」…生産拡大中

    2021.07.31 13:40
    뉴스 메뉴 보기
    ロシアのサンクトペテルブルク現代車工場で作業者が塗装状態を確認している。この工場は2010年に稼働を開始した。 写真=現代車
    TOP