주요 기사 바로가기

五輪に広がったフェミ論争…海外メディア「オンライン虐待」懸念

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2021.07.31 10:12
0
安山(アン・サン、20、光州女子大)は東京オリンピック(五輪)に出場した韓国選手のうち最も優れた成果を出した。30日に行われた東京五輪女子アーチェリー個人戦で金メダルを獲得した。これに先立ち混合団体と女子団体でも金メダルを獲得した安山は韓国の夏季五輪史上初めで単一大会で3冠となった。

東京で最も輝いているその安山が思いも寄らず「フェミニスト論争」に巻き込まれた。

女性を政治・経済・社会文化的に差別してはいけないという理念がフェミニズムだ。民主・平等社会を実現する基本的な理念であるフェミニズムは反社会的にはなれない。しかし一部の人たちがフェミニズムを女性優越主義のように歪曲、変質させ、社会問題になっている。

インターネット空間で激化したジェンダー対決は先日、政界のアジェンダに移った。日々深まる男女葛藤は全国民の関心が集中する五輪にまで広がった。ついに社会的な怒りが五輪最高スターの安山に対しても表れたのだ。

安山が24日に最初の金メダルを獲得して有名になると、「フェミニスト論争」が始まった。韓国の一部の男性ネットユーザーが「過去に安山がSNSで男性嫌悪表現を使った」と非難した。短い髪(ショートカット)で女子大に通うという点も安山がフェミニストという根拠に挙げられた。

安山は自身をフェミニストと明らかにしたことはない。しかし一部の男性は安山をフェミニストにしている。インターネット空間では安山に対する無差別人身攻撃が続いた。「安山は金メダルを返上すべき」と主張する人もいた。国家代表選手が男性を嫌悪する表現を使い、公人の責任を果たしていないということだ。

ジェンダーイシューのため安山が五輪で出した成果までが否定され、反対世論も強まった。「安山選手を守ってほしい」「絶対に選手に謝罪させるな」などのコメントが大韓アーチェリー協会ホームページに数千件も書き込まれた。これに対する再反撃も続いている。大韓アーチェリー協会のホームページは突然、性対決の場になった。

インターネットで生じた韓国の男女葛藤は海外メディアを通じて世界の人々の関心を引くイシューに拡大した。外国人の見方はシニカルだ。フェミニストの意味をそのまま受け入れる立場では、安山をめぐるジェンダー葛藤を理解しがたいからだ。

AFP通信は「安山のショートカットがフェミニストを暗示すると主張する人たちがいる。その一部は安山に謝罪を要求している。また金メダルを返上すべきだという声も出ている」とし「安山は一部の韓国男性のオンライン虐待(Online abuse)」の対象になった。韓国は世界12位の経済大国であり最高の技術国だが、依然として男性中心の社会」と報じた。

ローラ・ビーカーBBC韓国特派員は自身のSNSに「ヘアースタイルは問題にならない。韓国が男女平等を実現するためにはこの問題を正面から扱わなければいけない。いかなる理由であれ、韓国でフェミニズムは汚い言葉になってしまった」とコメントした。FOXニュースは「安山は誇らしく金メダルを首にかけたが、韓国で長い時間をかけて成長した反フェミニストによって非難を受けている」と伝えた。

政界もこれに加勢した。正義党の柳好貞(リュ・ホジョン)議員はSNSに過去に髪を染めたショートカットの写真を共有し、「フェミ(フェミニストの略語)のような姿というものはない。短い髪、染めた頭など各自が望む選択をする女性がフェミニスト」と書いた。女優ク・ヘソンもショートカット写真と共に「私は男性と女性から生まれた女性であり、また男性を愛する女性」と強調した。

東京現地で選手を応援している大韓アーチェリー協会長の鄭義宣(チョン・ウィソン)現代車グループ会長も安山の心理状態を心配した。チャン・ヨンスル副会長は「会長が今日(30日)朝、『安山選手を励ましても大丈夫か』と尋ねた。選手が負担を感じるのではと心配して監督に先に確認した。会長は安山選手に『(いろいろな声が出ているが)気にしないでほしい』と伝えた。私たちの選手らはとても淡々としている」と伝えた。女子個人総合8強で敗退した姜彩栄(カン・チェヨン)は「競技に集中することが重要なので、安山選手はそのようなことについてあまり話さない」と雰囲気を伝えた。

安山は個人戦の金メダルを獲得した後、「(フェミニスト)イシューについては知っていた。できるだけ気にせず競技に集中しようと努力した」と語った。アーチェリー代表チームのパク・チェスン監督は「競技以外の質問を受けない」と述べた。海外記者の質問に安山も同じように話した。

湖西大社会体育学科のチュ・ジョンミ教授は「女性スポーツ選手の中にはボーイッシュな選手たちが多い。あえて安山に『女子大にショートカット』としてフェミニズムフレームをかぶせるのは理解できない。安山がフェミニズムに対する意見を表明したわけでもないのにこうした論争が広がったのは、女性らしさということに対する社会の偏見があるためだ。ゆがんだ感情の表出」と指摘した。

体育哲学者のキム・ジョンヒョ・ソウル大外来教授は「戦線が拡大する前に大韓体育会が動くべきだ。『スポーツはスポーツにすぎない』という点を強調しなければいけない」と指摘した。続いて「五輪金メダルが与える感動より特定選手のヘアースタイルが先に目に入る時代だ。『特定の人が気に入らないからその人の金メダルも気に入らない』という極端な個人主義がこの現象から感じられる」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP