주요 기사 바로가기

<東京五輪>安山、アーチェリー初の3冠まであと2勝…女子個人戦準決勝進出

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.30 16:01
0
アーチェリー韓国代表の安山(アン・サン、20、光州女子大)がオリンピック(五輪)3冠にさらに一歩近づいた。

安山は30日、東京五輪アーチェリー女子個人戦8強でディーピカ・クマリ(インド)を6-0(30-27、26-24、26-24)で退け、準決勝進出を決めた。

安山は混合団体と女子団体ですでに金メダルを獲得している。個人戦で優勝すれば五輪アーチェリー史上初の3冠となる。

安山と共に8強に進出した姜彩栄(カン・チェヨン、25、現代モービス)はエレーナ・オシポワ(ロシア五輪委員会)に1-7で敗れた。韓国の選手では安山が唯一4強入りし、金メダルへの挑戦を続ける。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <東京五輪>安山、アーチェリー初の3冠まであと2勝…女子個人戦準決勝進出

    2021.07.30 16:01
    뉴스 메뉴 보기
    安山[写真 五輪写真共同取材団]
    TOP