주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】米中の「平らな外交」の衝突

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.30 11:24
0
昨年9月、米国のテリー・ブランスタッド駐中国大使が人民日報に「相互主義(Reciprocity)に基づく関係再調整」という文章を送った。寄稿は拒否された。中国の崔天凱・駐米国大使と正反対の処遇に失望したと言って北京を離れた。

今年3月には中国最高指導者が「平視外交」という言葉を出した。「中国はすでに世界を真っ直ぐ正面から、平らに見ることができるようになった」としながらだ。相互主義の中国式表現だ。すぐにアンカレッジ会談が開かれた。楊潔チ外交担当政治局委員が「平らな」発言を述べた。

今月26日、天津で米中の相互主義と平視外交がぶつかった。先に米国がウェンディ・シャーマン国務副長官の訪中を打診した。米国務省ナンバー2に中国はナンバー5の謝峰副部長をぶつけた。ナンバー2の楽玉成副部長は米国担当者ではないという理由だ。会談不可。米国が拒否した。「傾いた運動場」を蹴ってしまった。

中国は焦った。王毅国務委員兼外交部長カードを切った。代わりに説明がつけられた。シャーマンの相手は謝峰だ。王毅は指導者の面会を望む米国に施す「配慮」だ。米国はシャーマン・王毅会談として発表した。中国は謝峰は会談、王毅は会見というレトリックを使った。共産党員の米国入国ビザ制裁解除を前面に出した要求リストとともにだ。平視外交の外套を羽織った党益外交だ。

米国も凝り固まった一方主義は忘れたように「平らな運動場」を整えようと忙しい。昨年1月14日、米国・EU・日本の通商トップが共同声明を出した。世界貿易機関(WTO)の産業補助金規定強化を要求した。グローバル非公正性の原因を中国の「傾いた運動場」だとした。

中国外交にとって、もう一つの「伝家の宝刀」は時間だ。「時間で空間を自分のものにする」戦法だ。北京外交界では選挙で政権を交代できる国の外交官の本国に対する愚痴があふれ出る。中国が交渉で時間を武器として振るえば、その都度物別れになるといいながらだ。妙策がないとし、これ以上何も言えない。

平視外交も結局は中国式の時間外交だ。時間には時間が答えだ。民主主義国家は時間をどのように確保するべきか。与野党・政派・世代を超越した国益が答えだ。トランプとバイデンが終始一貫して中国に相対しているのは良い先例だ。

大統領選挙を控えた韓国が外圧を防ぐ外交ワクチンも原則ある国益だ。ドイツのシンクタンクが最近政策を提案した。「一貫した中国政策を作れ。中国を相手にする時は国家安保に対する脅威を明確に定義し、自国の核心利益を明確にした後、希望する最終状態に立って行動を取れ」。

シン・ギョンジン/北京総局長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【グローバルアイ】米中の「平らな外交」の衝突

    2021.07.30 11:24
    뉴스 메뉴 보기
    【グローバルアイ】米中の「拮抗外交」の衝突
    TOP