주요 기사 바로가기

「ショートヘアひとつで“反フェミ”烙印、オンライン虐待だ」 外信も韓国アーチェリーのアン・サン選手に注目

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.30 10:39
0
東京オリンピック(五輪)女子アーチェリー韓国代表のアン・サン選手(20)の髪型をめぐり、オンライン上で「フェミニズム論争」が繰り広げられ、外信や外信記者が注目している。

29日(現地時間)、ロイター通信は「東京五輪で金メダルを2個獲得した韓国アーチェリー選手のショートカットヘアが反フェミニストを刺激した」と報道した。ロイター通信はアン選手に対する攻撃が「オンライン虐待(Online abuse)」だとし、これは若い韓国男性の間の反フェミニズム感情が背景にあると説明した。

英メディア「BBC放送」もこの日、アン選手が「オンライン虐待を受けている」と報じた。BBCソウル駐在特派員のローラ・ビッカーはツイッターに「今回の攻撃は、自分たちの理想に順応しないという理由で女性を攻撃する少数の声」とし「韓国がジェンダー平等問題と取り組み、少子化問題を解決するにはこの問題を正面から扱わなければならない」と明らかにした。ビッカーは「フェミニズムは韓国で汚い意味の単語になってしまった」とも指摘した。

米紙「ニューヨーク・タイムズ」ソウル支部の客員記者であるケリー・カスリス・チョーもツイッターに「アン選手がショートヘアであるという理由で男性ネットユーザーから非難を受けている」とし「髪型がまだ特定グループの間で論争の種になるほど反フェミニズム運動が起きていることを示している」とコメントした。これは今回の事態が「イルべ(掲示板サイトの「日刊ベスト貯蔵所」の略で、極右保守掲示板)を彷彿とさせる。髪型一つで嫌悪運動が広がっている」と説明した。

最近、アン選手をめぐる度を越した非難が男性中心のオンライン掲示板に拡散している。アン選手が過去にインスタグラムで男性嫌悪を象徴する特定の言葉を使ったというのがその理由だ。「ウンエンウン」「オジョオオク」など、いわゆる男性を蔑視してからかうとされているこれらの表現が代表的だ。

アン選手本人は何の立場も表明しなかった状態で非難世論が拡散し、政界も反応し始めた。与党圏の有力次期大統領候補に挙げられる京畿道(キョンギド)知事の李在明(イ・ジェミョン)氏もこの日、アン選手に関連して「ショートヘアというのが理由で非難が始まったという信じ難い状況にただ申し訳ない」とアン選手に応援メッセージを送った。

正義党の柳好貞(リュ・ホジョン)議員は前日、過去の自分の「ショートカット」写真を投稿して、アン選手保護の動きに参加した。

アン選手はこの日午後、東京夢の島公園アーチェリー場で開かれた2020東京五輪アーチェリー女子個人2回戦でアニマルセーリ・ドスサントス(ブラジル)選手を7-1で制圧してベスト16に進んだ。アン選手は30日、3回戦に出場して日本に帰化した早川漣(韓国名オム・ヘリョン)と対戦し、韓日戦を繰り広げる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ショートヘアひとつで“反フェミ”烙印、オンライン虐待だ」 外信も韓国アーチェリーのアン・サン選手に注目

    2021.07.30 10:39
    뉴스 메뉴 보기
    アーチェリー韓国代表のキム・ジェドク(右)とアン・サンが24日に行われた東京五輪混合団体戦決勝で金メダルを獲得しポーズを取っている。
    TOP