주요 기사 바로가기

ジュリーの壁画まで登場…どん詰まりの韓国大統領選ネガティブ・キャンペーン(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.30 08:30
0
このような動きをめぐり、極端な与党支持者の逸脱に見なすこともできるが、与党指導部はこれを事実上あおったりほう助したりした。民主党の宋永吉(ソン・ヨンギル)代表は12日、メディアインタビューで「ジュリーと呼ばれる方を大統領夫人に仕えることができるか」とし、秋美愛(チュ・ミエ)前法務部長官は「(ジュリーという人物を)聞いたことがある」として「大統領選候補は本人だけでなく家族、周りの親戚、友達関係、このようなものが全部きれいでなければいけないのではないか」と話した。韓国大統領学研究所のイム・ドンウク(チャ医科大副学長)所長は「ジュリーをめぐる論議はかつてキム・デオプ屏風事件の最新バージョン」とし「相手の攻撃を選挙キャンプが直接せず、支持者を動員している。ネガティブ・キャンペーンがさらに巧妙であくらつになっている」と指摘した。

「ジュリー壁画」をめぐって野党では強く糾弾した。崔在亨(チェ・ジェヒョン)前監査院長は「これは低質な誹謗中傷、政治暴力であり、人格殺人で怒りを禁じ得ない」として「表現の自由という名前で民主主義を退行させる行為を許してはならない。汚い暴力を直ちに中断せよ」と促した。国民の力の河泰慶(ハ・テギョン)議員は「過去のある女性は大統領夫人になってはならないという常識外れの主張を民主党の名でしたいのか」として「自称フェミニストの文在寅(ムン・ジェイン)大統領が立ち上がって阻止せよ」とした。

東洋(トンヤン)大学のチン・ジュングォン前教授もこの日、フェイスブックに「あのようなことをする人々、あのことに歓呼する人々の人格に刻まれた政治的暴力性が私を恐ろしくする」として「支持者の狂的な行動は民主党がすでに歴史的反動勢力になったということを意味する」と指摘した。

与党でも懸念の声が上がっている。民主党所属のキム・サンヒ国会副議長は「世間に飛び交っている内容を公の場所に掲示して一方的に特定人を嘲弄し、論議の的にするのは非常に残念」とし「誰を支持するかどうかはさておき、これは表現の自由を越えた明らかな人権侵害」とした。青年正義党のカン・ミンジン代表も「このような形の非難は男性には決して行われない女性嫌悪的な中傷宣伝」とし「このような行動に民主党が手をこまぬいている態度は、これで政治的利益を得ようとする狙い」と批判した。

◆尹錫悦氏側、デマ流布者10人を告発=尹錫悦キャンプはこの日、キム・ゴンヒ氏のホステス説と不倫説をまき散らした関係者10人を告発した。尹錫悦キャンプは「尹錫悦Xファイル」の震源地とされたチョン・テテク氏の主張を拡大・再生産した開かれた共感テレビを狙い、「チョン氏を大した情報提供者のように作り、実状はセクハラの発言である女性の人権を踏みにじった」と指摘した。尹錫悦キャンプは開かれた共感テレビの放送内容も一部公開したが、この中にはキム・ゴンヒ氏について「花柳界歓楽街で働いた」「房中術という、男を魅惑させる技術を持っている」などもあった。

尹前総長は「ジュリーの壁画」に関連して「政界というのがいくらでたらめだといっても大韓民国の水準がここまで来たのか」とし、「当然、背後があるだろう」と話した。 ジュリーの壁画まで登場…どん詰まりの韓国大統領選ネガティブ・キャンペーン(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP