주요 기사 바로가기

<東京五輪>韓国野球、延長タイブレークでイスラエルに勝利…4年前のWBCショック雪辱

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.30 08:01
0
韓国野球がイスラエルに4年前の雪辱を果たした。

金卿文(キム・ギョンムン)監督が率いる野球韓国代表は29日、横浜スタジアムで行われた東京オリンピック(五輪)野球1次リーグB組第1戦で延長タイブレークの末、イスラエルに6-5で勝利した。韓国は2017年ワールドベースボールクラシック(WBC)でイスラエルに1-2で敗れ、第1ラウンド敗退という屈辱的な結果で大会を終えた。この日、4年ぶりに実現した「リターンマッチ」で雪辱し、五輪2連覇という目標に向かって第一歩を踏み出した。韓国代表は2008年北京五輪で優勝した「ディフェンディングチャンピオン」だ。

野球は北京大会を最後に五輪正式種目の地位を失ったが、東京五輪で13年ぶりに復活した。計6カ国がA・B組に分かれて組別の順位を決め、敗者復活戦が導入された変形ノックアウト(勝者進出式)システムで日程を進める。韓国はイスラエルと米国に勝って組1位で次のラウンドに進出することを狙っている。

試合は本塁打の打ち合いとなった。イスラエルは3回表一死二塁からイアン・キンズラーの2点本塁打で先制した。キンズラーは米メジャーリーグ(MLB)で1888試合に出場したベテラン選手で、イスラエル打線の核心だ。韓国は4回裏二死から姜ミン鎬(カン・ミンホ)が安打で出塁した後、呉智煥(オ・ジファン)が右翼スタンドに同点2ランを放った。イスラエルの左腕ジェイク・フィッシュマンの失投を逃さなかった。

イスラエルは6回表、一死からダニー・バレンシアが中前安打で出塁した。二死後にライアン・ラバンウェイが崔源峻(チェ・ウォンジュン)から2ランを打った。4-2と再びリードし、勝機をつかんだようだった。しかし韓国は7回裏、先頭打者の李政厚(イ・ジョンフ)と金賢洙(キム・ヒョンス)の2者連続の本塁打で勝負を振り出しに戻した。さらに一死から呉在一(オ・ジェイル)の安打、二死二塁から呉智煥の1打点二塁打で5-4と逆転した。

イスラエルは敗色濃厚だった9回表一死からラバンウェイのソロ本塁打で同点に追いついた。規定イニングで両チームの本塁打は計6本(韓国3本、イスラエル3本)となった。

勝負は延長タイブレークで決まった。東京五輪では9回まで同点の場合、延長戦は無死一、二塁から攻撃を始めるタイブレークを適用する。韓国は10回表を無失点に抑えた後、10回裏に決勝点を挙げた。無死一、二塁から黄載鈞(ファン・ジェギュン)のバントで一死ニ、三塁とし、二死満塁のチャンスで梁義智(ヤン・ウィジ)が死球を受け、サヨナラ押し出しとなった。

この試合の主人公は7番・遊撃手で先発出場した呉智煥だった。呉智煥はこの日、4打数3安打(1本塁打)3打点と大活躍した。先発投手の元兌仁(ウォン・テイン)は3イニングを4被安打2失点だった。4回から稼働したブルペンは崔源峻(3イニング2被安打2失点)、チョ尚佑(チョ・サンウ、2イニング3奪三振無失点)、呉昇桓(オ・スンファン、2イニング1被安打1失点)が7イニングを3失点に抑えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <東京五輪>韓国野球、延長タイブレークでイスラエルに勝利…4年前のWBCショック雪辱

    2021.07.30 08:01
    뉴스 메뉴 보기
    29日午後、横浜スタジアムで行われた東京五輪1次リーグB組第1戦のイスラエル戦で、4回に2点本塁打を放った韓国代表の呉智煥(オ・ジファン)。 横浜=五輪写真共同取材団
    TOP