주요 기사 바로가기

<東京五輪>世界1位の桃田を破った無名の韓国選手…日本騒然

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.30 06:55
0
男子バドミントンの韓国代表ホ・グァンヒ(26)が東京オリンピック(五輪)のメダル期待主として急浮上した。男子シングルス世界1位の桃田賢斗(日本)を破って決勝トーナメントに進出しながらだ。

世界38位のホ・グァンヒは28日、武蔵野の森総合スポーツプラザで開かれた東京五輪バドミントン男子シングルス予選グループAの競技で桃田を2-0(21-15、21-19)で破った。予選リーグでティモシー・ラム(米国・88位)に勝利したホ・グァンヒは2連勝でトーナメントに進出した。しかも第1番シードの桃田に勝って1回戦を不戦勝で通過して準々決勝に直行した。準々決勝は31日に開かれる。

ホ・グァンヒは桃田との対戦で、第1セットを一時5-10まで広げられた。だが、根気よく攻撃を返すとむしろ桃田がミスを連発した。同点に追いついたホ・グァンヒはその後は精巧なストロークで逆転勝ちした。桃田は調子をなかなか取り戻すことができず終始首を横に振っていた。ホ・グァンヒは第2セットも19-19までもつれこむ接戦の末、終盤の連続ポイントで勝負を決めた。

ランキングが低いホ・グァンヒは五輪開幕1カ月前に出場資格を得た。それでもホ・グァンヒは「バドミントンといえばホ・グァンヒという名前が出るような選手になりたい」と言って出場への意気込みを語った。桃田を破った後は「挑戦者という立場でプレーし、ダメ元だと思って食い下がった」と話した。

ホ・グァンヒは陸上を始めて10歳の時にバドミントンに転向した。昨年8月に軍服務を終えた彼は「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)のために試合ができなかった。準備は続けるのに中止が続いてつらかった。試合ができないからトレーニングを繰り返して困難を克服した」と話した。

優勝候補の桃田の敗退に日本は衝撃を受けた。桃田は2016年リオ大会の時も金メダル候補に上げられながら不法賭博問題で出場できなかった。昨年1月には交通事故で右眼窩底骨折で失明の危機にも直面した。今年1月には新型コロナに感染した。相次ぐ悪材料にも切歯腐心したが、結局早期敗退で悔しさを残すことになった。桃田は「相手の流れを止められなくなり、自分でもどうしていいか分からなくなった」と話した。

女子ダブルスのキム・ソヨン(29)-コン・ヒヨン(25)ペアは29日の準々決勝で世界2位である日本の永原和可那-松本麻佑ペアをセットスコア2-1で破って準決勝に進んだ。イ・ソヒ-シン・スンチャン(以上、27)ペアも準決勝に合流した。2ペアは準決勝で対戦しないため、韓国は銅メダルを確保することになった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <東京五輪>世界1位の桃田を破った無名の韓国選手…日本騒然

    2021.07.30 06:55
    뉴스 메뉴 보기
    桃田賢斗
    TOP