주요 기사 바로가기

<東京五輪>韓国テコンドー女子のイ・ダビン「奇跡の蹴り」で負けた英国選手「メダルを盗まれた」と怒り

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.29 07:12
0
2020東京オリンピック(五輪)のテコンドー女子67キロ以上級の準決勝で韓国のイ・ダビン(25)に敗れ、銅メダルを獲得した英国のビアンカ・ウォークデンが「盗まれたようだ」として激しい感情を表わした。

ビアンカは27日(現地時間)、銅メダルを獲得した後に応じた英国BBCとのインタビューで「私が望んだメダルの色でない」と話した。

世界ランキング5位のイ・ダビンは世界ランキング1位のビアンカとの準決勝で25-24の奇跡のような逆転勝をおさめた。終了ブザーが鳴る1秒前にイ・ダビンの足がビアンカの頭をとらえ、点数が逆転した。イ・ダビンは決勝戦でセルビアのミリツァ・マンディッチに敗れて銀メダルを獲得し、ピアンカは銅メダル決定戦で勝利して銅メダルを取った。

ビアンカはBBCとのインタビューで金メダルや銀メダルを取る勝利のチャンスを「盗まれた」と表現して涙声で話した。また「私の魂を捧げたが、盗まれたようだ」として「審判が曖昧だったと思う」と主張した。

さらに「イ・ダビンに掴まれたが、減点が与えられなかった」と強調した。ビアンカは、準決勝でイ・ダビンの体を掴んで蹴るなどの反則で8点減点を受けたことがある。ビアンカは次の五輪では金メダルを取りたいと強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <東京五輪>韓国テコンドー女子のイ・ダビン「奇跡の蹴り」で負けた英国選手「メダルを盗まれた」と怒り

    2021.07.29 07:12
    뉴스 메뉴 보기
    テコンドー女子67キロ超過級の決勝でセルビアのマンディッチを攻撃するイ・ダビン(左)。イ・ダビンは銀メダルを獲得した。 [五輪写真共同取材団]
    TOP