주요 기사 바로가기

韓国メディア「世界アーチェリー協会が韓国選手紹介しながら人種差別的フォント使用」

ⓒ 中央日報日本語版2021.07.28 17:37
0
世界アーチェリー協会が公式SNSアカウントに投稿した動画に人種差別的なフォントを使って議論になったと韓国メディアのYTNが報道した。

YTNが27日に伝えたところによると、世界アーチェリー協会のツイッターが「韓国女子アーチェリーチームは9回の五輪で金メダル8個を獲得した」「韓国選手3人が上位予選を通過し金メダルをまた獲得する勢い」と選手らを紹介する動画のフォントが、中国系食堂のメニューによく使われる「チャプスイ」と呼ばれるフォントだった。

同メディアは「これらのフォントはアジア人に対する人種差別的意味が込められており、使うべきではない意見が提起され続けてきた」とし、「4月のCNN報道によるとチャプスイフォントは前世紀に白人政治家らが外国人ヘイトを助長するのに使われた」と明らかにした。

また、同メディアは「2012年にピーター・フックストラ議員が上院議員に出馬しながら中国の女性キャラクターとチャプスイフォントでウェブサイトを構成して批判を受け、2018年にはニュージャージー州の共和党州委員会が韓国系米国人の民主党員アンディ・キムを攻撃するビラにチャプスイフォントを使った」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP