주요 기사 바로가기

東京の一日感染者、2848人で最多…「五輪感染爆発」現実化

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.28 06:57
0
オリンピック(五輪)5日目を迎えた27日、東京都から2848人の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)一日感染者が報告された。過去最多となる数字だ。

時事通信など日本メディアによると、この日東京都で確認された新規感染者は先週の同じ曜日に比べて1000人以上増えた。26日に報告された1429人の2倍に近い、文字通り「爆発的な拡大傾向」だ。これまで東京だけで報告されていた一日の最多感染者は、第3波がピークを迎えていた今年1月7日の2520人だった。

東京都に4回目の緊急事態宣言が発効されて2週間が過ぎたが、新型コロナの拡大速度は落ち着くどころかさらに加速している。

日本では五輪開幕日の23日にあわせて法定公休日が調整され、22日から25日までの4日間が連休だった。五輪開幕で防疫の雰囲気が消えたうえ、首都圏から全国各地への人々の移動が増えて、今後感染者は増える可能性が高い。実際、27日に日本全国から新たに報告された感染者は7629人(午後6時30分基準)だった。

最近の感染者急増の勢いは人口が密集した東京など首都圏を中心に目立っている。東京近隣の神奈川(758人)・埼玉(593人)・千葉(405人)など3県でも400~700人台の感染者が27日新たに確認された。

大会関係者の中でも感染者が増加している。東京五輪・パラリンピック組織委員会は新規感染者が7人増えたと27日、明らかにした。26日には日本五輪代表選手団から初めて感染者が報告された。組織委が防疫規範集である「プレーブック」を適用して毎日新規感染者を発表し始めた今月1日から27日までの大会関連の感染者は合計155人に達する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    東京の一日感染者、2848人で最多…「五輪感染爆発」現実化

    2021.07.28 06:57
    뉴스 메뉴 보기
    東京渋谷スカイ展望台から眺めたメインスタジアム。[写真 オリンピック写真共同取材団]
    TOP