주요 기사 바로가기

<東京五輪>NHK「メダルあげたい」、BBC「途轍もないスピード」…世界が驚いたファン・ソンウ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.27 16:57
0
「水泳の怪物」ファン・ソンウ(18)が東京五輪で一気にスターになった。

これまで彼は世界の水泳界では無名だった。国際大会経験は2018年にオーストラリアのクイーンズランド・チャンピオンシップに出場したのが唯一だった。昨年初めから上昇の波に乗ったが、新型コロナウイルスの余波で出場できる国際大会がなかった。彼は国内で静かに記録を縮め、生涯初の五輪で華麗にデビューした。男子自由型200メートル予選で韓国新の1分44秒62を記録した。決勝では7位にとどまったが、150メートルまで爆発的なスピードの1位でレースを展開し世界の注目を浴びた。NHKは「18歳で見事なレースをした。メダルをあげたいほどのレースだ。この先、彼が引っ張っていくような存在になるだろう」と評価した。英BBCも「途轍もないスピード」と感心した。

さらに期待されるのはまだ完成していない選手という点だ。彼は欧米の選手らの体格と比較するとあまりがっしりしていない。187センチメートルの身長は大きいがまだウエイトトレーニングをまともに始めておらず筋力が不足している。水泳選手は「酸素タンク」と呼ばれるほど肺活量が大きいが、彼は一般人とほぼ同じだ。そのため体力が足りない。最後の50メートルで8人のうち最も遅かった理由もここにある。自らも「体力不足を実感した」と話した。所属するソウル体育高校のイ・ビョンホ監督は「まだ未成年なので最近になって少しずつウエイトトレーニングをしている。しっかりと体力管理を始めれば筋力は相当に良くなるだろう」と話す。

経験を積むことも必要だ。トップクラスの選手が出る大会に出て試合運びの力を伸ばさなければならない。自由型200メートルで金のトム・ディーンと銀のダンカン・スコット(以上英国)は、最初は力を温存しておき最後の50メートルで力泳した。これに対しファン・ソンウは序盤に力を使って前に出た後に維持する戦略を使ったが失敗した。大韓水泳連盟のファン・ソンテ競泳専任監督は「序盤の戦略は正しかったが、自身が経験できなかったスピードで泳ぎ最後に疲れた様子だった。まだ大きな大会での経験が不足しているためだ。新型コロナウイルスの状況が良くなったら積極的に多くの国際大会に出なければならない。来年杭州で開かれるアジア大会も良い経験になるだろう」と助言した。

水泳選手の全盛期は20代初めから中盤とされる。フランスのスポーツ医学・疫学研究所(IRMES)が2015年に研究した資料によると、男子水泳選手の場合、最盛期の年齢は21歳だった。ファン・ソンウはパリ五輪が開かれる2024年に21歳となる。体力と試合運びの能力が完成されればパリ五輪では「水泳の怪物」が完全に目覚めるだろう。彼の潜在力をすでに予想してKB金融、CJ第一製糖など大企業が今年初めから彼を後援している。ファン・ソンウのエージェントであるオールザットスポーツ関係者は「2つの企業が世界的な水泳選手に成長する可能性を高く評価してパリ五輪までファン・ソンウを後援すると約束した。東京五輪以降に海外トレーニング、国際大会参加などを考慮している」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <東京五輪>NHK「メダルあげたい」、BBC「途轍もないスピード」…世界が驚いたファン・ソンウ

    2021.07.27 16:57
    뉴스 메뉴 보기
    ファン・ソンウが27日に東京アクアティクスセンターで開かれた競泳男子自由型200メートル決勝で記録を確認している。[写真 五輪写真共同取材団]
    TOP