주요 기사 바로가기

文大統領、「韓国の干潟」世界遺産登録に「非常にうれしい便り」

ⓒ 中央日報日本語版2021.07.27 16:03
0
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が27日、「韓国の干潟」がユネスコ世界自然遺産に登録されたことについて「非常にうれしい便り」と明らかにした。

文大統領はこの日、SNSを通じて「登録推進団と関係部処が力を合わせてわが国の干潟の貴重な価値を積極的に知らせ、説得した結果」とし、このように述べた。

続いて「世界遺産委員会は登録を決めながら『地球上の生物多様性保全のための重要な生息地』という価値を認めた」とし「特に、絶滅危機の渡り鳥の中継地として保存の価値が非常に大きいと評価した」と伝えた。

文大統領は「干潟を生活の基盤として守ってきた地域の住民の愛情と関心に感謝する」とし「政府は地方自治体と協力して干潟の生態系を保全し、地域社会の発展、さらには世界の人々が共有する貴重な世界遺産になるよう最善を尽くして支援する」と明らかにした。

「韓国の干潟」が登録されたことで、韓国は13件の文化遺産と2件の自然遺産の計15件の世界遺産を保有することになった。自然遺産では2007年の「済州(チェジュ)の火山島と溶岩洞窟群」以来2件目。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領、「韓国の干潟」世界遺産登録に「非常にうれしい便り」

    2021.07.27 16:03
    뉴스 메뉴 보기
    華麗な色のシチメンソウとマツナに覆われた全羅南道順天(スンチョン)の干潟。韓国の干潟は絶滅危惧種の渡り鳥27種がオーストラリアまで続く移動経路の中継地として重要な生態的価値を持つ。 文化財庁提供
    TOP