주요 기사 바로가기

米国歌手のピンクさん「ビキニパンツ拒否したノルウェー女子ビーチハンドボール代表の罰金、私が肩代わりする」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.27 15:43
0
「罰金は私が喜んで支払います。(ビキニパンツの拒否を)どうか続けて」

米国ポップスターのピンク(P!nk)さんがツイートしたコメントだ。ノルウェー女子ビーチハンドボール代表チームがビキニパンツではなく短パンをはいてプレーしたという理由で課せられた罰金を肩代わりするという提案だ。

26日(現地時間)、米国CNN放送や英国BBC放送など外信によると、ピンクさんは前日、ツイッターを更新して「ユニフォームのルールに抵抗したノルウェーの女子ビーチハンドボールチームを心から誇りに思います」と励ました。ピンクさんのメッセージにノルウェーチーム側は「本当にありがとう。喜んで受け取りたい」とインスタグラムを通じて答えた。

◆公式ユニフォームがビキニ…選手「露出がひどく心地悪い」

これに先立ち、ノルウェーチームは18日に開かれた欧州ビーチハンドボール選手権大会の銅メダル決定戦で、ビキニパンツではなく体にフィットした短パンを着用して出場した。欧州ハンドボール連盟の規定によると、ビーチハンドボール女子選手はビキニパンツを着用しなければならない。トップスは両腕全体をすべて出し体にフィットするスポーツブラ、ビキニパンツは側面の生地の幅が最大10センチまでとなっている。男子選手たちはぴったりとしたタンクトップと膝上10センチの長さのたるみすぎない短パンを着用するよう規定されている。

競技前、ノルウェーハンドボール協会は欧州ハンドボール連盟に女子選手が半ズボンを着てプレーできるか問い合わせをしたが、規定上できないという答弁を受けた。だが、ノルウェー女子選手は短パンをはいて競技に臨み、これに対して連盟は選手1人あたり150ユーロ(約1万9500円)ずつ、合計1500ユーロの罰金を課した。

ノルウェー女子選手は「以前からビキニパンツの露出が激しく、ユニフォームが不要に性的な印象を与えていて心地悪かった」とし「連盟の規定に脅威を感じたこともあるが、短パンをはいて出場することにしたのは全面的に自発的な決定だった」と話した。ノルウェーハンドボール協会は罰金懲戒に対して「選手たちが快適だと感じられるユニフォームを選ぶことができるよう、新たな基準が用意されるべきだ」として批判した。

◆ピンクさん「罰金を出すべきなのは欧州ハンドボール連盟のほう」批判

これに対してピンクさんは「性差別で罰金を支払うべきなのは欧州ハンドボール連盟のほう」と強く批判した。あわせて「私は皆さんの罰金を喜んで支払いたい。どうか続けて」とノルウェーチームを励ました。3160万人のフォロワーを擁するピンクさんのツイッターには「いいね」とリツイートが数万件、数万件殺到した。

ピンクさんはグラミー賞3冠の歌手であり、2枚のビルボードナンバーワンアルバムを保有する独歩的なシンガーソングライターだ。5月、「2021ビルボード・ミュージック・アワード」でアイコン賞を受賞した。昨年4月には新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)陽性診断を受けた後、救援基金に100万ドル(約1億1000万円)を寄付していた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米国歌手のピンクさん「ビキニパンツ拒否したノルウェー女子ビーチハンドボール代表の罰金、私が肩代わりする」

    2021.07.27 15:43
    뉴스 메뉴 보기
    ノルウェー女子ビーチハンドボールチームのインスタグラム。[写真 インスタグラム キャプチャー]
    TOP