주요 기사 바로가기

【時論】われわれのキムチを「シンチー」と呼ぼうという奇怪な発想=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.27 11:01
0
文化体育観光部はわれわれ固有の食品である「キムチ」の中国語表記を「辛奇」〔中国語の発音はxinqi(シンチー)〕に変えると今月22日、発表した。このために「公共用語の外国語翻訳および表記指針」訓令を改正した。「候補用語16個を検討した結果、シンチー(辛奇)がキムチと発音が似ていて『辛くて珍しい』という意味を現わすため、キムチを表現するのに適切な用語と考えられて」専門家の検討を経て選定したという。

中国政府は中国で販売されるすべての商品に中国の文字(漢字)で名称を表記することを義務付けているため、韓国キムチを中国市場に出すためにはやむを得ず漢字の名称を使わなければならない苦衷は分からなくもない。中国のこのような文化覇権主義は懸念の種だが、かといってキムチを漢字で表記するために「辛奇」を考案して公表した処置はあきれる。

漢字は決して中国だけの文字ではない。わが国でも2000年以上使ってきたほか、日本も使っている東アジア共通の文字だ。したがって漢字には当然韓国式の漢字発音がある。キムチを「辛奇」と表記した瞬間、中国語の発音では「シンチー」になるが、韓国式に読むと「シンギ」になる。誇らしい固有名詞「キムチ」が「シンギ」に化けるのだ。

今すぐにはキムチをシンギと呼ばないかもしれないが、歳月が流れればキムチの別称となった「シンギ」によってキムチの固有性が色あせてキムチの国籍が分からなくなる恐れがある。文化体育観光部の今回の措置は韓国では漢字を全く使うことがないという前提の下、ひたすら中国だけを意識して取った拙速措置だ。大韓民国首都「ソウル」の中国語の表記を「首爾」として「ソウル市」が「首爾市」に化けた前例のように全くでたらめなことだ。

それならどのようにするべきか。最近、中国ネットユーザーを中心にキムチを中国の泡菜と同一視する観点が操作されて普及し、キムチが中国固有の食品だというごり押し主張が台頭した。だが、多くの中国人は中国の泡菜と韓国のキムチが厳格に違うという事実を知っている。そのため今までずっと韓国キムチを「ハングォパオツァイ(韓国泡菜)」と呼んできた。

どの社会、どの国でも、自分たちにない文化を取り入れる時、理解しやすいように自国の文化と最も近い用語を選んで命名する。そのため中国人も韓国のキムチと最も近い文化と考える「泡菜」を選んでキムチを翻訳し、代わりに韓国のキムチが自分たちの泡菜と違った点をはっきりと区別するために「ハングォ(韓国)」という接頭語を付けたのだ。したがって今は「ハングォパオツァイ(韓国泡菜)」という用語を使って括弧をして[Kimchi]という英語発音表記を併記することが最も妥当だと考える。「韓国泡菜[Kimchi]」は中国の泡菜と韓国のキムチを自然に差別化する用語だ。

韓国政府が立ち上がってキムチを中国の泡菜と区別して知らせようと「シンチー(辛奇)」という奇怪な言葉を作ったのは大きなミスだ。一歩間違えれば、世界の人々が知っている誇らしい名称であるキムチの意味を曇らせかねない。すでに「韓国泡菜」として中国に広く知られた状況で、ややもすればキムチ宗主国は中国で、韓国は新製品「シンギ」を開発したと誤認する懸念さえある。

中国人は遠からずこのように言うかもしれない。「韓国にはシンチーがあるじゃない? キムチ、すなわち泡菜は中国固有の食品です」と。われわれが「在中同胞」という言葉を使わないで中国が使う「朝鮮族」という用語をそのまま使うことによって韓半島(朝鮮半島)全体を中国の少数民族政権へと格下げしようとする中国の計略にはめられてしまった悪夢を繰り返しては決していけない。文化体育観光部は「シンチー(辛奇)」という表記を直ちに撤回しなければならない。

キム・ビョンギ/全北(チョンブク)大学名誉教授

◆外部者執筆のコラムは中央日報の編集方針と異なる場合があります。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP