주요 기사 바로가기

<東京五輪>社長が頭を下げたMBC…ウクライナ大使館「心地悪い」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.27 06:48
0
23日、2020東京オリンピック(五輪)の開会式を中継したMBC(文化放送)が選手団の入場画面に不適切な資料写真と字幕を使ったことを受け、ウクライナ大使館は心地悪いという立場を明らかにした。

イゴール・デニシック(Igor DENISSUK)在韓ウクライナ大使代理はこの日、ニュース1の電子メールによる質問を受けて「最近の状況に対して多くの関心を持っていただき感謝する」として「悲劇的な事件が言及されたことに非常に心地悪い(uncomfortable)」と答えた。

MBCは、当時ウクライナ選手団が登場する画面にチェルノブイリ原発関連写真を使って非難を浴びた。

デニシック大使代理は「ウクライナは長い間の歴史を持っており、様々な分野で驚くべき業績を残した」として「優秀な人材と豊富な文化を持っているが、このような悲劇的な事件だけが注目されて心地悪い」とした。

また、「韓国にとってウクライナは地理的に距離があり、多くの韓国人がウクライナについてよく分からないということを理解している」としながらも「韓国のメディアの力を借りて(今回の機会に)わが国に対してさらに肯定的な情報を得るように願う」と明らかにした。

特に、デニシック大使代理は「先週末の間、大使館は(この事件で)韓国の友達から多くの温かい応援のメッセージを受けた」として「われわれは韓国の友達にとても感謝している」と伝え、両国の友好的な関係が続くことを希望した。

来月、ウクライナは独立30周年を迎える。来年2月10日は韓国とウクライナ修交30周年だ。デニシック大使代理は「韓国のメディアがこのような歴史的な日に特別な関心を持ってほしい」と伝えた。

MBCはノルウェー選手団が入場する際はサケの写真を、ハイチを紹介しながら「大統領の暗殺で政局は霧の中」と表現した。この他にも、マーシャル諸島を紹介する際は「一時米国の核実験場」という字幕を、パレスチナを紹介しながらイスラエルの障壁の写真を使って物議をかもした。

週末の間非難を浴びたMBCはこの日午後、朴晟済(パク・ソンジェ)社長が国民向け謝罪記者会見を行って頭を下げた。朴社長は、ウクライナとルーマニアなど大使館に謝罪の書簡を送ったと言ったが、ハイチなど韓国国内に大使館がない国の場合、まだ書簡を送ることができなかったと明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP