주요 기사 바로가기

北朝鮮メディア、韓国選手団「李舜臣将軍」横断幕に難癖の日本を非難

ⓒ 中央日報日本語版2021.07.26 10:24
0
韓国選手団が東京オリンピック(五輪)選手村に掲出した「李舜臣(イ・スンシン)将軍」横断幕に難癖をつけた日本を北朝鮮メディアが非難した。

北朝鮮対外宣伝サイト「わが民族同士」は26日の論評で、「菅輩党は南朝鮮(韓国)選手団が東京の選手村に掲げた大型横断幕について『反日横断幕を掲げた』『五輪に来て反日宣伝をしている』と難癖をつけながら右翼のチンピラを動員し、『旭日旗』を振りながら暴れさせる天下の悪行もはばからなかった」と批判した。

続いて、日本が東京五輪のホームページに独島(ドクト、日本名・竹島)を日本の領土として表記した地図を掲示し、防衛白書でも独島を日本の「固有の領土」と主張したとして、「民族的な義憤で血を沸き立たせる厚顔無恥な妄動でしかない」と指摘した。

また「五輪主催国という看板を悪用して日本の反動がしている破廉恥で低劣な妄動の裏には、どうすれば彼らの『独島領有権』主張を国際的に認めさせ、彼らの再侵入策動を合理化できるかという邪悪な思惑がある」と非難した。

そして「五輪までも醜悪な政治的目的と再侵入野望の実現に悪用する倭国の種族こそが朝鮮民族の千年宿敵であり、悪性ウイルスより危険な平和の破壊者ということを改めて実証している」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮メディア、韓国選手団「李舜臣将軍」横断幕に難癖の日本を非難

    2021.07.26 10:24
    뉴스 메뉴 보기
    東京・晴海の選手村の大韓民国選手団宿舎に「虎が降りてくる」と書かれた垂れ幕が設置された。チャン・ジンヨン記者
    TOP