주요 기사 바로가기

<東京五輪>韓国放送局MBC、オウンゴールのルーマニア選手に「ありがとう」字幕で物議

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.26 09:48
0
韓国のMBC(文化放送)が東京オリンピック(五輪)男子サッカー試合中に出した字幕でまたも物議をかもした。

25日午後、茨城県カシマスタジアムで行われた東京五輪男子サッカーB組の大韓民国-ルーマニア戦の中継放送で、MBCはオウンゴールを入れたルーマニアの選手ラズバン・マリンの名前を入れて「ありがとうマリン」という字幕を出した。

前半27分、韓国選手のクロスをクリアしようとしたDFマリンのつま先にボールが当たってオウンゴールとなった。MBCは前半戦が終わった後、後半が始まるまで広告を流したが、その間、右上に「ありがとうマリン」という文字を表示した。

視聴者はこの字幕について「MBCはまだ分かっていない」「理解しがたいギャグは嘲弄だが、MBCだけが気づいていない」「開幕式で事故を起こした人がまたやったのでは」という反応を見せた。

これに先立ちMBCは23日に開催された東京五輪の開会式を中継しながら、ウクライナ選手団の入場場面でチェルノブイリ原発事故の写真を、エルサルバドル選手団の入場場面ではビットコインの写真を出して物議をかもした。ハイチ選手団が登場する時には暴動の写真を見せた。

MBCはこの件で「ウクライナをはじめとする該当国と視聴者の皆さまにおわびします」としたが、謝罪から2日後にまた批判を浴びることになった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <東京五輪>韓国放送局MBC、オウンゴールのルーマニア選手に「ありがとう」字幕で物議

    2021.07.26 09:48
    뉴스 메뉴 보기
    韓国は25日、茨城県カシマスタジアムで行われた男子サッカーB組グループリーグ第2戦でルーマニアに4-0で大勝した。[五輪写真共同取材団]
    TOP