주요 기사 바로가기

「米国は間違った方向に進んでいる」 ワクチン接種せず感染者300%急増

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.26 08:14
0
「米国は間違った方向に進んでいる」。

米国で一日の新型コロナワクチン接種者数が減少し、ワクチン未接種者を中心にデルタ株が急速に広がる中、 米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長がこのように評価した。デルタ株はすでに米国で新規感染事例の80%以上を占めている。

パウチ所長は25日(現地時間)、CNNのインタビューで、「ワクチンを接種していない人たちを中心とする新型コロナ大流行」とし「米国民の50%がまだワクチン接種を完全に終えていない状況であり問題だ」と述べた。

CNNによると、23日を基準に一日の平均ワクチン接種者は1月末以来の最低水準。春前からワクチン接種率が急落し、全国的に新型コロナが急増している状況だ。

ニューヨークタイムズ(NYT)は米疾病対策センター(CDC)の資料などに基づき、23日を基準にワクチン接種回数は約53万7000回で、4月13日の最高値(338万回)と比較して84%急減したと報じた。特に米国全体の50州のうち30州は2回目の接種まで終えた完全ワクチン接種率が50%に達していない。

新型コロナ感染拡大の防波堤の役割をするワクチン接種率が大きく落ち、23日基準で週平均新規感染者数は1カ月前に比べ300%以上増えた4万9300人となった。

マーシー米公衆保健サービス団長は「ワクチンは新型コロナ感染と入院を避ける機会を与える」とし「ワクチンを接種した人が新型コロナに感染するブレークスルー感染が表れても症状が軽微か、表れないない可能性が高い」とし、ワクチン接種を促した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「米国は間違った方向に進んでいる」 ワクチン接種せず感染者300%急増

    2021.07.26 08:14
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス
    TOP