주요 기사 바로가기

<東京五輪>ぎゅうぎゅう詰めの満員バス、顎マスク…すでに崩れている「東京式バブル」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.26 07:52
0
東京オリンピック(五輪)の防疫モデルは昨年米国プロバスケット(NBA)が採択した「バブル(隔離空間)方式」だ。今回の大会には206カ国(難民チームを含む)1万1000人余りの選手が参加する。ややもすると五輪が新型コロナ再拡大のきっかけになり得るという悲観的な見通しが出される背景だ。

「東京式バブル」の運営規定によると、選手は原則的に選手村と競技場だけを行き来することができる。また、競技日程を全部終えれば48時間以内に選手村を離れる必要がある。東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は全世界のメディア関係者もバブルに入れた。日本到着の瞬間から外部接触を最大限遮断した。入国後2週間まで公共交通を利用することができない。組織委が定めた方法に限って移動することができる。

私的な外出はコンビニに行ってくるのが全部。これも毎回15分間に制限した。人員は多いのに分散しているため、1カ所に集めることができず「東京式バブル」を適用した。米ディズニー・ワールドをまるごと借りてバブルを構築した「NBA式バブル」とは違う。

そのような東京式バブルはすでに崩れている。23日開会式から所々で距離の確保が崩れた。メディア関係者をメインプレスセンター(MPC)に輸送するバスは満員だった。MPCの中でマスクをおろしたまま食事をしたり、「顎マスク」で歩き回るなど各種制限措置が無駄のように見えた。飛沫遮断効果の低いデンタルマスクを着用した場合も多かった。彼らは宿舎に戻ってコンビニを利用する時、日本人と数回接触する。狭い空間で移動経路も重なり、同じモノも触る。粗末なバブルはむしろウイルスの温床になる恐れがあるが、これに対する統制は全くない。東京式バブルの場合、バブル内外の誰もが安全を保障することができない。

先月、ブラジルで開かれた南米サッカー選手権大会(コパ・アメリカ)で新型コロナに感染した大会関連者は140人を超えた。ベネズエラ代表チームだけで感染者12人が確認された。大会主催側の粗末な防疫と外部人をバブルで連れて入ってきた数人の選手の逸脱がもたらした結果だった。五輪は大会の規模がより大きい。コパ・アメリカの場合、選手など関係者が5000人余りだった。東京五輪の関連者は10万人に近いという。

開幕前である20日、カナダの有力紙「グローブ・アンド・メール」は「感染を防ぐための五輪選手村などのバブルがすでに損傷した。市民にまで危険を招いている」と指摘した。実際に、開幕前から選手村内外で感染者が発生した。感染者は選手とメディア関係者を問わなかった。「東京式バブル」への酷評があふれる理由だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <東京五輪>ぎゅうぎゅう詰めの満員バス、顎マスク…すでに崩れている「東京式バブル」

    2021.07.26 07:52
    뉴스 메뉴 보기
    世界各国のメディア関係者が集まった東京五輪メインプレスセンター(MPC)の様子。マスクを下して話したり、外したりしている人々を頻繁に目にすることができる。だが、大会関連運営スタッフが注意を呼びかける場合はない。ペ・チュンヒョン記者
    TOP