주요 기사 바로가기

<東京五輪>NZの「長身の森」に阻まれ…韓国サッカー、五輪初戦で敗れる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.23 07:55
0
オリンピック(五輪)史上最高成績に挑戦すると言っていた「金鶴範(キム・ハクボム)号」が初戦からつまずいた。

サッカー韓国五輪代表は22日、カシマスタジアムで行われた東京五輪グループリーグB組第1戦でニュージーランド(NZ)に0-1で敗れた。

後半26分、クリス・ウッド(30、バーンリー)にゴールを決められた。チョン・テウク(大邱)に当たって屈折したボールをゴール前にいったウッドが蹴り込んだ。最初はオフサイドが宣言されたが、ビデオ判定(VAR)の末、得点が認められた。

韓国は始終、攻勢だったが、ニュージーランドの「長身の森」を越えられなかった。相手はウィンストン・リード(25、ウェストハム)など190センチ以上の選手が4人もいた。ニュージーランドは5-4-1のフォーメーションで5人の守備を並べる「ファイブバック」でゴールを守った。スピードがある韓国の「カウンターアタック」を防ぐための戦略だった。

韓国はシュート12本(有効シュート2本)も放ったが、得点に結びつけることができなかった。一方、ニュージーランドはシュート2本で1得点した。

「オーバーエイジ(25歳以上の選手)の戦い」で勝負は分かれた。ニュージーランドのDFリードはあたかも「壁」のようだった。後半22分、李東景(イ・ドンギョン、蔚山)のミドルシュートをリードがGKの前で防いだ。プレミアリーグのバーンリーのFWウッドは一発を見せた。

半面、韓国のオーバーエイジの黄儀助(ファン・ウィジョ、29、ボルドー)と権昶勲(クォン・チャンフン、27、水原)は解決人の役割を果たせなかった。前半22分、権昶勲が胸トラップから左足ボレーシュートを狙ったが空振りした。前半41分の黄儀助のダイビングヘッドはGKに防がれた。

オーバーエイジの朴志洙(パク・ジス、尚武)はベンチで控え、代わりに中央DFチョン・テウク(大邱)-イ・サンミン(イーランド)が先発出場した。大会を控えて中央DF金敏在(キム・ミンジェ)を北京国安の反対で招集できず、予告された「守備の不安」が現実になった。

2016リオデジャネイロ五輪で監督を務めた申台龍(シン・テヨン)氏は「前半に権昶勲と黄儀助が得点に結びつけられなかったのが惜しい。相手は韓国をかなり分析してきたが、我々の試合パターンが変わらなかったのは残念だ。今日の試合はすべて忘れて次の試合を十分に準備してほしい」と話した。

黄儀助は試合後、「相手に1回のチャンスを許して失点した。いろいろな状況を準備したが、相手が最初から引いてくるとは予想していなかった」と話した。金鶴範監督は「残念な試合を見せて申し訳ない。私たちが相手の餌食になってしまった。残りの2試合をうまく準備すれば8強に進出できると考える」と述べた。

韓国は25日午後8時、同じ場所でルーマニアと第2戦を行う。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <東京五輪>NZの「長身の森」に阻まれ…韓国サッカー、五輪初戦で敗れる

    2021.07.23 07:55
    뉴스 메뉴 보기
    東京五輪サッカーの初戦でNZに敗れた後、黄儀助(ファン・ウィジョ、真ん中)がうなだれている。 [写真 五輪共同取材団]
    TOP