주요 기사 바로가기

中国、WHOの「武漢研究所」の調査計画を公式拒否

ⓒ 中央日報日本語版2021.07.22 15:38
0
中国が世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)起源の第2段階調査計画で武漢のウイルス研究所実験室をはじめ、中国内の追加調査・研究を含めたことについて拒否する意向を示した。

曽益新中国国家衛生健康委員会副主任は22日、「WHOの計画に非常に驚いたが、中国が実験室の規定に違反したという仮説を研究の重点の1つとみているため」とし「これは科学に対する傲慢を露呈させた」と述べた。

WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェソス事務局長は16日、新型コロナの起源に関する第2段階の調査対象に、中国の実験室を含めなければならないと明らかにした。2019年12月に新型コロナが初めて報告された中国武漢の市場に対する追加研究も要請した。

曽副主任は、「我々は新型コロナの起源調査を政治化することに反対し、このような調査計画を受け入れることができない。第2段階調査は、第1段階の基礎から繋がるべきであり、すでに明確な結論がある問題を再び展開してはならない」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国、WHOの「武漢研究所」の調査計画を公式拒否

    2021.07.22 15:38
    뉴스 메뉴 보기
    武漢のある墓地。武漢が封鎖された昨年1~4月の間、亡くなった市民相当数がこちらに安置されている。武漢=パク・ソンフン特派員
    TOP