주요 기사 바로가기

【コラム】中国の「世紀の祭典」を隣国が喜べない理由(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.22 15:08
0
中国共産党の無謬主義も問題だ。中国共産党と中国は建国初期、党と指導者のミスで数多くの試行錯誤を経た。米ハーバード大学の中国史の碩学、ジョン・キング・フェアバンク教授は著書『中国の歴史―古代から現代まで(邦題)』の「大躍進運動(1958~60年)」の章で「約2000万~3000万人が中国共産党によって強行された政策のために栄養失調と飢餓で命を失った」と述べた。フェアバンク教授は「死亡率の増加を示す統計の数だけ見ても、これは人類が経験した大災難の1つであることに違いない」と強調した。

中国系米国人の歴史学者・イマニュエル・C.Y.シュー(徐中約)教授は、『The Rise of Modern China(近現代中国の台頭)』の「大躍進運動と人民公社」で、当時、毛沢東が「15年以内に、英国の工業生産性に追いつくか、さらに追い越すだろうと述べた」とし、毛沢東と中国共産党の責任を明らかにした。

フェアバンク教授は「文化大革命(1966~76年)」の章では、「57年の反右派闘争で始まった中国の失われた20年の終末」と表現し、「大災害の範囲があまりに広かったため、約1億人が直接的に巻き込まれた」と記述した。シュー教授は81年6月の中国共産党第11期第6回中央委員全体会議が「文化大革命は毛沢東同志が起こし、導いたもの」とし「歴史はすでに判明したように、文化大革命は指導者が誤って起こした」と報告書に明示したことを強調した。

シュー教授はこの時期、中国共産党が「権力は腐敗を招き、絶対的な権力は絶対的な腐敗をもたらす」という格言を肝に銘じなければならないという教訓を得なければならないと指摘した。しかし、中国共産党は文革を主導した4人組を断罪した以外は責任者の処罰や再発防止のための権力の分散などの措置は依然行っていない。長らく政治的・歴史的負担になるほかない。

中国共産党は目覚ましい経済実績も閉鎖的民族主義と攻勢的大国主義により左派理念の本流から離脱したという評価を受けている。中国共産党は、実質的な一党独裁を行いながら、中国の政治・社会を統制する唯一の権力に位置しています。米国と欧州をはじめとする西側から人権と民主主義の分野で絶えず挑戦を受ける理由だ。また、南シナ海の海洋領土紛争で、東南アジア諸国から地域の平和を脅かす存在とされている。

これと共に、歴史への反省のない無謬主義、過度な自己中心主義で世界から尊敬される国というよりも、警戒の対象に位置しているのも事実だ。ソフトパワーや価値ではなく、経済力と軍事力を前面に出した外交の結果とみなすことができる。中国共産党にとっては「世紀の祭典」と言える結成100周年を近隣の国々が喜べない理由だ。

蔡仁澤(チェ・インテク)/国際専門記者 【コラム】中国の「世紀の祭典」を隣国が喜べない理由(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP