주요 기사 바로가기

<東京五輪>米国女子体操代表チーム、選手村に滞在せず…「選手村よりホテルのほうが安全」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.22 08:08
0
東京オリンピック(五輪)選手村で新型コロナウイルス感染者が相次ぎ発生すると、米国代表の女子体操チームが選手村に滞在しないことを決めた。

21日(韓国時間)、米NBC放送によると、米国女子体操代表チームのスター選手シモーネ・バイルズのコーチ、セシル・ランディ氏は前日、ツイッターを通じて米国代表選手たちが選手村を出てホテルに泊まると公表した。

ランディ氏は「私たち全員で決めた」とし「パンデミックの時は理想的なことはないことを私たちは知っている。ホテルであれば、選手と安全をよりよくコントロールできると思う」と伝えた。

米国体操協会も「女子体操代表チームが常に選手村よりホテルに泊まることを望んでいた」と明らかにした。

これを受け、東京オリンピック組織委員会は「個別チームの決定に発言する位置にない」と発言を控えた。

15日、日本に入国した米女子体操代表チーム選手団から19日新型コロナ感染者が発生した。

米国女子体操代表チームは、新型コロナに感染したカラ・イーカーと濃厚接触者に分類されたリアン・ウォンを除いた残りの人員を対象に19日選手村に入村したが、2日で退村を決めた。

現在、東京オリンピック選手村内感染者は南アフリカ共和国の男子サッカー代表2人と選手村に泊まっているチェコのビーチバレーボール代表関係者1人など計3人だ。

開幕前に退村を選んだ米女子体操代表チームの決定が他の国にどのような影響を及ぼすかも関心事だ。

23日東京五輪の開幕を控えて選手村は13日、公式開場した。大会期間に選手や指導者など最大1万8000人が選手村に泊まる予定だ。

一方、この日、東京組織委は今月1日以来東京五輪に関連した感染者数は計75人だと明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <東京五輪>米国女子体操代表チーム、選手村に滞在せず…「選手村よりホテルのほうが安全」

    2021.07.22 08:08
    뉴스 메뉴 보기
    東京オリンピックの開幕を4日前にした19日、韓国選手団が泊まっている東京晴海のオリンピック選手村の入口が統制されている。チャン・ジニョン記者
    TOP