주요 기사 바로가기

韓国40代女性、AZ・ファイザー交差接種後に昏睡状態に…「身体検査は良好だった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.21 16:02
0
アストラゼネカ(AZ)の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンを1次接種した後、2次接種でファイザーワクチンを「交差接種」した40代後半の女性が集中治療室で昏睡状態となり、保健当局が調査に乗り出した。

21日、咸安郡(ハムアングン)保健所などによると、Aさん(48)が今月5日に2次接種としてファイザーワクチンを打った後、3日後から嘔吐や下痢、胸の締め付け、疲労症状などを見せて治療を受けて心臓手術まで受けたが結局昏睡状態に陥った。Aさんは6月に1次接種としてAZワクチンを接種していた。

Aさんは普段基底疾患も全くなく、6月に介護施設で勤務するために保健所で受けた身体検査でも健康状態は良好だった。咸安郡保健所は医務記録紙の確保、基底疾患の有無などを確認した後、迅速対応チーム会議を経て慶尚南道(キョンサンナムド)と疾病管理庁に報告した。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)ホームページ国民請願掲示板にも前日Aさんの夫と推定される人物が「妻が2次交差接種の後、現在、心肺停止状態で集中治療室で生死の境をさまよっている」とし「妻は今年48歳で基底疾患も全くなく、とても健康に日常生活を送ってきた」と明らかにした。

あわせて「高校3年生、中学校2年生の2人の息子が母親の不在によって苦しんでいる様子を見ると、胸がとても痛い」とし「(政府が)徹底した臨床を経ずに短期間に生産されたワクチンを使用することにおいて、接種率を高めるために血眼になっているだけだ。ますます増える副作用に対する対処は全くなさそうだ」とワクチン接種関連の不満を吐露することもした。

一方、前日も健康に問題がなかった50代の現職警察幹部がAZとファイザーワクチンを交差接種したところ3日後に亡くなり、防疫当局が調査を進めている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP