주요 기사 바로가기

初訪日で拉致被害者家族に会ったシャーマン氏…北朝鮮人権取り上げる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.21 14:39
0
米国務省のウェンディ・シャーマン副長官が20日、バイデン政府の高官要人として初めて北朝鮮による拉致被害者家族と会った。これまで高位当局者の発言や声明など「言葉」だけで北朝鮮人権問題を指摘していたバイデン政府が直接「現場対応」に出たもので、21日から2泊3日間で予定されているシャーマン副長官の訪韓スケジュール中にも北朝鮮人権に関連する立場が追加で出てくるのではないか注目されている。

就任後初めて日本を訪問したシャーマン副長官は、20日、東京で拉致被害者家族と面会した。その後、ツイッターを通じて「とても心が痛かった(deeply moving)」とし「米国は拉致問題の早急な解決を求めるために日本と共にする」と強調した。同日、米国務省が日米外交次官会談関連の発表をした報道資料にも米国の日本人拉致問題解決に対する意志が入った。

日本に続いて21日に韓国を訪れるシャーマン副長官は訪韓期間中、鄭義溶(チョン・ウィヨン)長官との会談および韓米外交次官会談などの日程に合わせて北朝鮮人権問題を議論のテーブルにのせる可能性がある。3月、就任後初めて韓国を訪れたトニー・ブリンケン国務長官は、訪韓初日に鄭義溶長官との会談の冒頭発言で決心したように北朝鮮政権の人権蹂躪(じゅうりん)を指摘した。当時、ブリンケン長官は「北朝鮮の全体主義体制は北朝鮮住民を対象に組織的かつ広範囲な人権蹂躪を継続している」とし、人権と民主主義の守護に韓国政府の参加を注文した。

シャーマン副長官本人も2016年ワシントンで中央日報と米戦略国際問題研究所(CSIS)が共同主催したセミナーの演説を通じて、対北戦略の核心要素として▼人権問題に集中▼国際的な制裁の強度強化▼韓米合同訓練の持続▼北朝鮮崩壊論に備えた共同された認識--を挙げた。当局者としての発言ではなかったが、政務次官を務めた直後だった。

最近バイデン政府は対北政策で対話と外交を優先視するという基調だが、北核交渉状況と別個で人権問題は程度を調節しながら今後も指摘を続けるとみられている。今年5月の韓米首脳会談共同声明はもちろん、6月の主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)共同声明でも北朝鮮の人権問題に必ず言及している。

最近米国は自国の欠陥も認めると同時に、国を問わず人権問題を提起するという立場を明確に打ち出している。ブリンケン長官は今月16日(現地時間)、各国の米国外交官に人権と民主主義増進を優先的な課題として提示するメッセージを伝達したと米政治専門メディア「Politico(ポリティコ)」が同日報じた。報道によると、ブリンケン長官は「米国も自らの欠陥を認めて公開的かつ透明に対抗するべきで、われわれ自らに対して要求すること以上に他国に要求してはいけない」と強調した。

一方、北朝鮮は20日、米国や国連など国際社会の人権指摘に反発した。北朝鮮外務省は国連駐在北朝鮮常任代表が14日、画像を通じて開かれた非同盟運動外相会議に参加したと明らかにして「人権という美名の下で彼らが気に入らない発展途上の国々の内政に自分勝手に干渉して、制度転覆を追求する西側の策動に団結して対抗しなければならない」と主張した。北朝鮮は12日にも外務省ホームページに掲載した個人名義の文章を通じて「米国が人道主義支援を人権問題と関連させて主権国家に対する圧迫を合法化している」と非難したことがある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    初訪日で拉致被害者家族に会ったシャーマン氏…北朝鮮人権取り上げる

    2021.07.21 14:39
    뉴스 메뉴 보기
    20日、在日米国大使館で北朝鮮による拉致被害者家族と会った米国務省のウェンディ・シャーマン副長官。[写真 シャーマン副長官 ツイッター]
    TOP