주요 기사 바로가기

【社説】アデン湾惨事、軍統帥権者の大統領は謝らなかった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.21 09:56
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は昨日2つのメッセージを出した。1つ目は午前の国務会議における7分余りの発言だった。最大の懸案といえる清海(チョンヘ)部隊の駆逐艦「文武大王」乗組員の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)集団感染(クラスター)に対しては最後に短く言及し、大統領さえも軍を叱責する内容だった。文大統領は「速かに軍輸送機を派遣して全員帰国措置を取るなど軍が自ら対応したが、国民の目には不十分で安易に対処したという指摘を免じ難い」とした。続いて主語を省略する特有の話法で「このような批判を謙虚に受け入れて、治療など措置に万全を期し、他の海外派兵軍部隊も改めて振り返るよう望む」とした。批判を受ける主体も軍と解釈できるような注文だった。

2つ目のメッセージはフェイスブックに掲載した文だった。「10本の指のない登山家」キム・ホンビン隊長の行方不明の知らせに対し、無事の帰還を祈る内容だ。文大統領は「実に狼狽した」としながら「外交部の要請で今日パキスタンの救助ヘリが現場に向けて出発する予定で、また中国大使館からも救助活動に必要な使用可能な資源を動員している」と伝えた。

あまりにも対照的な語調であり姿勢だった。清海部隊員301人中247人が感染したのは世界海軍史でも類例がない集団感染であり、軍と政府の無関心・怠慢が生んだ人災だった。また、海軍将兵が作戦を完遂できず空軍機で退却しなければならなかった点で国防問題だった。さらに青瓦台(チョンワデ、大統領府)と国防部・疾病庁が責任の押し付け合いまで繰り広げられ、行政乱脈の様相を呈してもいる。ほかでもない、文大統領の責任という意味だ。国家の元帥であり行政府首班、そして軍統帥権者としての本分を忘れては困る。文大統領はキム隊長の無事帰還を望むのと同じ心で清海部隊惨事にも本当に「狼狽」するべきだった。文大統領はそれでも前日の首席・補佐官会議では最初から口を閉じ、昨日は軍のせいにした。代わりに金富謙(キム・ブギョム)首相と徐旭(ソ・ウク)国防部長官の謝罪で終えた。

2017年12月仁川(インチョン)近海で起きた釣り船転覆事故とも比較してみよう。当時文大統領は早朝からリアルタイムで報告を受けて指示した。それから翌日の首席・補佐官会議で「理由如何を問わずこのような事故を防ぐことができないこと、また救助できないことは結局国家の責任だ。国民の生命と安全に関する国家の責任は無限の責任だと感じなければならない」として謝った。民間事故にも無限の責任を強調した心構えを持っていたのなら、文大統領が昨日軍作戦中の惨事に対してあのように言うべきだったのだろうか。明らかに違うだろう。

文大統領は「間違っていることは間違っていると言う」と話した就任時の約束とは違い、いつからか選別的謝罪と選択的沈黙を行き来している。大統領に帰責事由があるにもかかわらず、他人のせいにしてきた。軍統帥権がかかっている「アデン湾惨事」にもそうだから嘆いているのだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【社説】アデン湾惨事、軍統帥権者の大統領は謝らなかった

    2021.07.21 09:56
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が20日午前、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で国務会議を主宰している。[写真 青瓦台]
    TOP