주요 기사 바로가기

<東京五輪>白血病を克服して日本女子競泳国家代表に…池江璃花子「21歳の奇跡」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.20 08:36
0
メダル獲得の可能性は低いが熱い応援を受けている選手がいる。東京オリンピック(五輪)の競泳日本代表、池江璃花子(21)だ。一時、世界新記録を塗り替えていた有望株だ。自国で開かれる五輪の舞台で、夢の金メダルを首にかける期待に胸を膨らませていた池江を白血病という病魔が襲うまでは。

2018年は池江選手にとって最高の年だった。同年インドネシアで開かれたジャカルタ・パレンバンアジア競技大会で、日本競泳選手としては史上初の6冠、女性選手として初の最優秀選手(MVP)に選ばれる歴史を刻んだ。2020年のメダルは当然だと思われていた。しかし2019年2月、転地トレーニング中だったオーストラリアで体の状態が急激に悪くなり、帰国後に検査結果が知らされた後、「信じられない」というツイートを残して入院した。日本選手権にも出場できなかった。日本代表への夢は水の泡になった。

池江が再び五輪出場の夢を見ることができるようになったのは、皮肉にも新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)だった。新型コロナパンデミックで東京五輪が1年延期になり、国家代表選抜などのさまざまな過程に池江が参加できるようになった。もちろん池江本人の強い回復意志があってこそだった。池江は入院中、「しっかり治療をすれば完治する病気でもある」としながら「1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたい」という言葉をSNSに掲載し、その意志を確かめた。

だが白血病との戦いは生やさしいものではなかった。池江は今年初めのNHKとインタビューで「起きていることがしんどい」とし「もはや生きていることもしんどいレベル」と回顧した。100メートルレーンをバタフライで56秒08で突破していた池江にとっては絶望的な状況だった。しかし2019年が終わるころ、池江は峠を越し、同年末に退院もした。医師のOKサインをもらった昨年8月、池江が向かったのは他でもないプールだった。

体は心についていかなかった。闘病中、池江の水泳筋肉はすべてなくなってしまった。歯をくいしばって再びトレーニングに突入した池江にとって新型コロナは機会だった。出場権がかかっていた日本選手権大会はパンデミックにより延期開催され、池江はかろうじて団体戦出場資格を獲得した。フィナンシャル・タイムズ(FT)は17日(現地時間)、「池江のカムバックは不可能だと思われたが、新型コロナが不可能を可能にした」と表現した。

しかし、新型コロナによって五輪を延期または中止するべきだという世論が日本内外で高まり、池江は一時心ないコメントの攻撃対象になった。新型コロナで汚された東京五輪の雰囲気を反転させるために当局が池江を希望の象徴に利用したからだ。池江のツイッターなどには「五輪中止のためになぜ先頭に立たないのか」というコメントが殺到した。しかし池江は「頑張っている選手をどんな状況になっても暖かく見守っていてほしいなと思う」という程度のメッセージだけ出した。FTは「悪質なコメント洗礼に対する池江選手の反応は上品だった」とし「結局、池江選手の意志が菅義偉首相まで動かし、東京五輪が無事に開かれることになった」と伝えた。

池江のメダル獲得の可能性はしかし高くない。池江の主種目は100メートルバタフライだが、いくら不屈の意志を持っているとしても、2019年白血病を患った直後には無理だ。池江が出場する団体戦は、日本代表チームとしては出場にさらに大きな意義を置く雰囲気だ。FTは「メダル授賞台には立つことはできないが、何より重要なことは池江の出場、それ自体の意味」とし「7月末、池江の出場は日本内外で熱い注目を浴びるだろう」と伝えた。

池江本人の気持ちはどうだろうか。むしろ淡々としている。池江はNHKに対して「今は本当にこれからできていく自分の成長が楽しみ」とし「どん底まで行った人間がここまであがってきたっていう成長をちょっとずつでも見せていければ良いんじゃないかなと思う」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <東京五輪>白血病を克服して日本女子競泳国家代表に…池江璃花子「21歳の奇跡」

    2021.07.20 08:36
    뉴스 메뉴 보기
    日本女子競泳の池江璃花子選手。2018年のアジア競技大会で6冠に輝いた。[写真 池江璃花子SNS]
    TOP