주요 기사 바로가기

韓国大統領府首席秘書官「相馬公使の発言、個人的逸脱なのか日本政府の思考フレームなのか判断中」

ⓒ 中央日報日本語版2021.07.19 10:19
0
青瓦台(チョンワデ、大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)国民疎通首席秘書官は19日、CBSラジオのニュース番組に出演し、「われわれは日本政府が特定メディアを利用して政治的立場を明らかにすることに対して強い遺憾を示した。ところがまた、特定メディアを通じて国民のだれもが憤怒する相馬弘尚駐韓総括公使関連の立場表明をこっそりとすることに対し受け入れることはできない」と話した。

読売新聞は19日、韓国政府と日本政府が東京五輪開幕日である23日に文大統領と菅首相の首脳会談を開くという方針を固めたと報道し、日本政府が文大統領に対する不適切な発言で物議を醸した相馬公使を更迭することにしたとの内容を報道した。

朴秘書官は相馬公使と関連した問題に対し、「青瓦台は国民とともに怒っている。これが個人的な逸脱なのか、そうでなければ日本政府が大韓民国を考える思考のフレームか、2種類の可能性を置いて判断中だ。日本政府に相応の措置を取るよう要求しており、措置がなされるものと聞いているが、メディアを通じてではなく韓国政府に正式に立場を伝えるのが当然だ」と話した。

朴秘書官は「マニュアルのような公式手続きがあるはずだがそのようにするだろうと考える。再発を防止し具体的で相応の措置を速やかに取ることを要求した。日本政府がこれにこたえることを望む」と話した。

相馬公使は15日に韓国の放送局JTBCの記者との対話で「日本は韓日問題に神経を使う余裕がないのに文大統領1人で神経戦を行っている」という趣旨の話をし、「マスターベーション」という表現を使ったという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国大統領府首席秘書官「相馬公使の発言、個人的逸脱なのか日本政府の思考フレームなのか判断中」

    2021.07.19 10:19
    뉴스 메뉴 보기
    朴洙賢大統領秘書室疎通首席秘書官[写真 青瓦台]
    TOP