주요 기사 바로가기

中国半導体の息の根締め上げるバイデン政権「オランダ、中国にEUV装備売るな」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.19 08:36
0
米バイデン政権がトランプ政権に続き中国の「半導体崛起」を防ぐため半導体核心装備を中国に売らないようオランダ政府を全方向から圧迫しているとウォール・ストリート・ジャーナルとニューヨーク・タイムズなど外信が17日に伝えた。ニューヨーク・タイムズは「先端半導体装備メーカーであるオランダASMLが中国の『技術崛起』を懸念混じりに見ている米国政策関係者らに核心テコとして急浮上した」と評価した。

オランダ政府は2019年6月から自国の半導体装備企業ASMLが作った先端極端紫外線(EUV)露光装備に対する対中輸出許可を出していない。バイデン政権が国家安全保障を理由にオランダ政府にASML装備の対中輸出を制限してほしいと要請しているためだ。

半導体業界ではEUV装備は貴重な存在だ。半導体ウエハーに5ナノメートル以下の回路を刻める世界唯一の装備がEUVだ。台湾TSMCとサムスン電子が7ナノ以下の半導体を大量生産できるのもASMLの装備のおかげだ。1年間に生産される量は40~50台にすぎない。1台の価格が1億5000万ドルに達してもサムスン電子とTSMC、インテル、アップルなどが激しく装備確保に向け競争を行う理由だ。

米国のオランダ圧迫はトランプ政権から始まった。ウォール・ストリート・ジャーナルは「2019年に米国家安全保障会議(NSC)のクーパーマン副補佐官はオランダの外交官らをホワイトハウスに招き、『良い同盟国はこうした装備を中国に売らない』と話した」と伝えた。ロイター通信は「2019年にオランダのルッテ首相がホワイトハウスを訪問した当時、起こりえる影響に関する機密文書まで見せて説得した」と報道した。

バイデン政権でもサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)がオランダ側に同じ問題を取り上げた。同紙は「ASML装備の対中輸出を持続制限する案はサリバン補佐官の最優先業務のひとつだった」と伝えた。

中国も黙っていなかった。徐宏駐オランダ中国大使は昨年1月に現地メディアとのインタビューで「オランダが中国との貿易関係を政治化し続けるならば両国関係に否定的な影響が存在するしかないだろう」と抗議した。それでもオランダの立場変化を引き出せなかった。

ASMLは最先端EUV露光装備を今年42台、来年55台をそれぞれ生産する予定だ。だがこのうち中国に輸出する装備はない。中国は2020年のASMLの全売り上げの15~17%を占めているが、これはEUVではなく旧型装備販売が含まれた数値だ。

輸入障壁が高まると中国は北方華創など自国企業を全面的に支援してEUVに代わる装備を開発しようとしている。限界は明確だ。ウォール・ストリート・ジャーナルは「専門家らは中国が独自の露光装備を開発してもASMLの技術に追いつくには少なくとも10年はかかるとみている」と伝えた。

中国市場を取り逃しているASMLは不満を表出している。同社のピーター・ウェニンク最高経営責任者(CEO)は「他の企業の需要が高く、対中輸出制限は会社の事業に影響を与えない」としながらも、「輸出規制が乱用される場合、中期的に革新を鈍化させ、短期的にも世界の半導体サプライチェーン問題を悪化させかねない」と懸念する。同紙は「オランダは広範囲な米中技術冷戦で付随的な被害を受けることになった」と評価した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国半導体の息の根締め上げるバイデン政権「オランダ、中国にEUV装備売るな」

    2021.07.19 08:36
    뉴스 메뉴 보기
    ASMLのEUV露光装備。EUV装備はオランダ企業ASMLが世界で唯一生産している。[写真 ASMLホームページ]
    TOP