주요 기사 바로가기

読売新聞「日本、文大統領狙い不適切発言の駐韓公使更迭の方針」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.19 08:31
0
日本政府が文在寅(ムン・ジェイン)大統領を狙って不適切な発言をした駐韓公使を更迭する方針との報道が日本メディアから出た。

読売新聞は韓日首脳会談開催の事実を伝えた上で、「これに合わせ、日本政府は、在韓国大使館の相馬弘尚総括公使を文氏の対日姿勢について不適切な表現で批判したとして更迭する構えだ」と19日に報道した。

問題になった状況に対し読売新聞は「韓国のJTBCテレビは16日、大使館幹部が自社の記者と懇談した際、文氏の対日姿勢が独り善がりだとの見方を示し、『マスターベーション(自慰)』との表現を使ったと伝えた」と報じた。

続けて「政府はこの幹部が相馬公使と認めたうえで、相馬氏の発言が日韓首脳会談の障害となるのは避けたい考えだ。政府高官は『発言は外交官としてあるまじきものだ』と述べた」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    読売新聞「日本、文大統領狙い不適切発言の駐韓公使更迭の方針」

    2021.07.19 08:31
    뉴스 메뉴 보기
    外交部の崔鍾建第1次官は17日に相星孝一駐韓大使を呼び相馬弘尚総括公使の不適切な発言に対し厳重に抗議した。[写真 外交部]
    TOP