주요 기사 바로가기

韓国IOC選手委員、日本入国後新型コロナに感染

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.19 08:12
0
国際オリンピック委員会(IOC)のユ・スンミン選手委員が日本入国直後、新型コロナに感染して隔離された。

ユ・スンミン委員は17日、自身のフェイスブックに「本日、成田空港で(新型コロナ)確診と判定されてすぐに隔離ホテルに移動した」と明らかにした。ユ委員は「出国前である13日と15日、2回の(新型コロナ)検査を受けた後、16日最終陰性と判定され、ワクチンも2回接種した。現在までも症状はない」と伝えた。

ユ委員は大韓卓球協会会長も務めている。IOC委員であり、大韓卓球協会長の資格で東京オリンピック(五輪)に参加しようとした。隔離が終わるまでは活動できなくなった。

ユ委員は「理由を問わず、確診判定を受けて非常に申し訳ない。さらに気を付けるべきだったのに感染した。直接・間接的な接触で被害を受けた方々にお詫び申し上げる」と話した。大韓卓球協会はユ委員の隔離にも卓球代表チームの大会準備の実務は支障なく進める予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国IOC選手委員、日本入国後新型コロナに感染

    2021.07.19 08:12
    뉴스 메뉴 보기
    国際オリンピック委員会(IOC)のユ・スンミン選手委員
    TOP