주요 기사 바로가기

韓経:駐韓日本公使の不適切発言…文在寅大統領訪日に「赤信号」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.19 07:21
0
在韓日本大使館の相馬弘尚総括公使が文在寅(ムン・ジェイン)大統領に向かって不適切な発言をしたことがわかり韓日関係がさらに冷え込んでいる。東京五輪を契機に推進された文大統領の訪日にも否定的な世論が拡散している。

外交部の崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官は17日、相星孝一駐韓日本大使を外交部に呼び、相馬公使の発言に対し厳重に抗議した。JTBCは前日に相馬公使が昼食の席で取材陣に「日本政府は韓日問題に神経を使う余裕はない」「マスターベーションをしている」と発言したと報道した。日本大使館は報道直後に相星大使名義で「決して文大統領に対する発言ではなかった。外交官として極めて不適切で非常に残念」という立場を明らかにした。

日本大使館「ナンバー2」の不適切発言は文大統領の訪日に対する否定的な気流拡散に油を注いだ。韓日両国は23日の東京五輪開会式出席を契機に文大統領が日本を訪問して菅義偉首相と首脳会談をする案を調整してきた。

文大統領の訪日が実現しない場合、任期中の韓日関係改善は難しくなるとの見通しが出ている。訪日の可否は早ければ19日にも決まる見通しだ。ただ青瓦台(チョンワデ、大統領府)は訪日の可能性を閉じていない。青瓦台関係者は「最後まであらゆる可能性を念頭に置いて開かれた姿勢で臨んでいる。会談の成果に対する日本側の誠意ある前向きな回答を促す」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP