주요 기사 바로가기

巣ごもり生活で5年後に人はこのように変わる…衝撃予言「パンデミック・ブレーン」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.18 11:50
0
新型コロナウイルスの新規感染者が連日1500人を超え、社会的距離確保第4段階が施行中だ。家で過ごす時間が長くなりながら、再び「コロナ太り」を懸念する声が飛び交っている。さらには「巣ごもり生活」が長引けば身体機能低下だけでなく、記憶力や集中力などの脳機能が落ちる「パンデミック・ブレーン」の症状に陥りかねないという警告も出てきた。

◇「パンデミック・ブレーン、地下壕に閉じ込められた人の脳と同じ」

最近英日刊紙ガーディアンは「長期間の自宅隔離・社会的距離確保を長期間経験するだけで頭の中がぼんやりした感じが続く『パンデミック・ブレーン』の症状が現れる恐れがある」と警告した。英ケンブリッジ大学臨床神経心理学科のバーバラ・サハキアン教授は中国復旦大学との共同研究の結果、「パンデミックにより社会的孤立を経験した人の脳は扁桃体と海馬などさまざまな部位で容量変化が観察された。これは日常生活に支障を起こしかねないほど」と話した。

パンデミック・ブレーンの症状は、洗濯物をたたむような単純作業の順序を忘れたり、テレビのドラマや芸能番組のあらすじ把握に困難を感じるなどさまざま形で現れる。物を買いにスーパーに行きながらなぜここに来たのか自体を忘れるのもパンデミック・ブレーンの症状のひとつだ。ガーディアンは「まるで地下バンカーに長く閉じ込められた後に解放された拉致生存者の脳と似ていている」と説明した。

◇長期の在宅勤務、体重と不安は増え睡眠は減る

新型コロナ流行の長期化がもたらす身体的・心理的・精神的副作用のうち、最も目立つ変化は体重の増加だ。最近デイリーメールは英国の医薬品企業ロイズファーマシーの研究資料を引用し、「新型コロナウイルスによる外出禁止が続く場合の5年後の私たちの姿」としながら仮想イメージを公開した。日光を浴びることができなくなり乾燥した肌と運動不足により太って背中が曲がった姿だ。ロイズファーマシーの研究チームは「平凡な人が長期間在宅勤務をすることになれば体験することになる変化」と説明した。彼らのアンケート調査によると、在宅勤務中に体重が増加した人々の43%は「新型コロナに対する不安感と憂鬱さのためにたくさん食べるようになった」と答えた。「家にいて酒を多く飲むようになり、デリバリーの食べ物にさらに依存するようになった」という回答者も20%に上った。

筋骨格系疾患を患ったり視力が低下する可能性も高まると予想する。研究チームは「在宅勤務そのものは悪くないが、ソファや食卓、さらに寝室でも仕事をし続けるのが問題」と指摘した。専門家は「コンピュータの前で少し背を曲げた姿勢で朝から夜遅くまで画面を凝視すれば首と腰、肩の痛みが誘発される」と指摘した。また、会社からの連絡にすぐ対応しなければならないという負担感から休み時間もノートパソコンとスマートフォンを凝視している場合、深刻な視力低下も懸念されると明らかにした。

在宅勤務が与える心理的負担もある。睡眠生理学者であるステファニー・ロミセブスキー氏は「家で仕事をするならば職場で感じる不安をそのまま家で感じることになる。脳が仕事をする時間と寝る時間の変化を認知できず、業務を終えた後も寝つきにくくなる」と説明した。こうした状況が繰り返されれば心拍数増加、食欲不振、偏頭痛だけでなく脱毛が生じることもある。ロイズファーマシー研究チームの博士は「無意識で歯ぎしりをしたり歯を食いしばる習慣なども不安にともなう兆候」と話した。

◇汗を流して運動、音楽鑑賞、瞑想で克服

ガーディアンは専門家の意見として、こうした身体的・精神的副作用克服に最も効果的なのは「汗を流して運動すること」と伝えた。運動は神経可塑性(脳の一部が変化に適応する能力)を増加させパンデミック・ブレーンの回復速度を高めてくれる。また、認知症のような神経退行性疾患予防にも役立つ。

より簡単な方法として音楽鑑賞もある。専門家は「単純に音楽を聞くだけでも『幸福ホルモン』と呼ばれるオキシトシンの数値が増加し、『ストレスホルモン』であるコルチゾールの数値が減少する。聞く行為を超え歌を歌ったり楽器を演奏することになれば脳機能の回復速度ははるかに速くなる」と話した。また、瞑想を通じ体と心の緊張を解きほぐすのも脳認知能力向上に役立つという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    巣ごもり生活で5年後に人はこのように変わる…衝撃予言「パンデミック・ブレーン」

    2021.07.18 11:50
    뉴스 메뉴 보기
    英国ロイズファーマシーの研究チームが新型コロナウイルス長期化で在宅勤務が長くなる場合の人々の変化の姿を仮想で作ったイメージ。運動不足による体重増加、誤った姿勢で曲がった腰などを表現した。[写真 ロイズファーマシー]
    TOP