주요 기사 바로가기

「日本はまだ独島に野心…私たちが『独島教育オリンピック』開いた理由」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.18 09:55
0
6日慶尚北道安東市(キョンサンブクド・アンドンシ)の豊川(プンチョン)小学校。小さな太極旗を手に持った子どもが運動場を走っていた。他の児童と教師まで全員が運動場で私と彼の姿を見守った。子どもが100メートルを完走し、両手に太極旗を持った教師がその気勢を受け継いで走り始めた。

学校構成員が厳しい暑さの中でもリレーに出たのは、独島(ドクト、日本名・韓国)が大韓民国領土であることを知らせるためだった。慶尚北道蔚珍郡(ウルチングン)から鬱陵郡(ウルルングン)の独島まで、直線距離で216.8キロメートルに達する距離を2168人が100メートルずつ走る「非対面独島リレーマラソン」だ。慶尚北道内の小中高校の児童・生徒らと教職員が独島が韓国の領土であることを知らせるプラカードや鉢巻き、太極旗などとともに走った後、証拠写真を残す方式で進めている。

非対面独島リレーマラソンは慶尚北道教育庁が主管している「独島教育オリンピック」の一種目だ。マラソンだけでなく「独島愛クイズ大会」「独島愛音楽会」「独島守護決議大会」などの多様な行事が進行している。独島教育オリンピックは韓国戦争(朝鮮戦争)71周年だった先月25日から始なり、東京五輪開幕前日の今月22日まで行われる。

特に15日には独島で日本が東京五輪聖火リレールートマップに大韓民国領土である独島を表記したことを糾弾する独島守護決議大会を開いた。独島踏査団70人ほどと鬱陵島に在学中の小中高生12人、教職員らが参加し、独島挑発を糾弾する声明を発表した。

慶尚北道の林宗植(イム・ジョンシク)教育監は就任3周年を迎えて独島教育オリンピックを企画した。彼は今回の行事をめぐり、「再び独立の道を歩く心情で独島教育オリンピックを開催した」と話した。林教育監に独島教育オリンピックを推進することになった理由と「なぜいま独島なのか」に関し尋ねた。

Q:日本が東京五輪を控えても独島領有権挑発を止めずにいる。

A:「日本は今年小中高校すべての歴史教科書を通じ独島が日本の領土という領土教育を義務化した。東京五輪を控え厚顔無恥にも独島を自らの領土のように表示した地図を五輪 ホームページに掲載したりもした。韓国政府が強く抗議したのにまだ地図を下げずにいる。これはスポーツに政治を持ち込む行為を厳格に禁止した五輪精神に反したものであり、大韓民国の領土主権を侵害した挑発行為だ」。

Q:今年初めて開催した独島教育オリンピックはどのような行事なのか。

A:「独島に対する日本の強硬主張に対抗し生徒らに正しい認識を持たせて紛争の島ではなく平和の島である独島に対する主権守護の意志をより確かなものにするために用意した。独島愛音楽会を始まりに、独島水墨画展示、オンライン独島クイズショー、独島愛クイズ大会、サイバー独島学校修了チャレンジ、独島守護決議大会、独島リレーマラソンなど多様な種目を準備した」。

Q:生徒らにこの行事が必要な理由は。

A:「三人成虎という言葉がある。嘘でも多くの人が話せば本当の話だと信じてしまうという意味だ。五輪の熱気に埋もれてうやむやにしたら遠い将来これがもうひとつの独島侵奪の根拠にならないか恐ろしい。いま私たちが次の世代をしっかり教育しなければ、先祖の血の汗で守った私たちの国土が独島だけでなく韓半島全体に『紛争地域』というレッテルが張られないかさらに恐ろしくなる。『国がこんな状況になったのは私たちの責任だから死ぬことも覚悟し力を積み上げ独立しなければならない』という李相竜(イ・サンリョン)先生の大きい叫びがいまも耳に残っている」。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「日本はまだ独島に野心…私たちが『独島教育オリンピック』開いた理由」

    2021.07.18 09:55
    뉴스 메뉴 보기
    林宗植慶尚北道教育監。[写真 慶尚北道教育庁]
    TOP