주요 기사 바로가기

「ヤンセン接種した息子が突然意味不明なことを…精神錯乱で墜落死」=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.16 16:25
0
◆病院診療後、大声で「真実は明らかになる」叫ぶ

この日午後11時ごろ、リビングのソファで休んでいたAさんは呼吸困難とけいれん、発熱症状を示して失神した。救急車を呼んだが、すぐ呼吸が元通りになり医療スタッフは帰った。アンさんとアンさんの妻は30分以上息子の腕と足をマッサージしながら状態が好転することを願った。遺族によると、Aさんは翌日4日、清州市内で知人に会ってまた失神し、119救急隊員の応急措置を受けた。

アンさんは息子の状態が好転しないため、清州のH総合病院神経科に検診予約をした。当時Aさんは体を休めるために一週間会社に休暇届を出していた。アンさんは「息子と一緒に6日午前9時20分ごろ病院に検診を受けに行った」とし「病院の中でも息子は呼吸困難になり、後頭部が刺すように痛いと話した。控室で、突然『真実は明らかになるでしょう』と意味不明の言葉を発しながら大声を出した」と当時を説明した。

病院診断書の発行を待っていたアンさんはAさんの様子がおかしいため、病院3階の駐車場に駐車していた車の中に息子を連れて行った。アンさんは「病院に同行した娘が診断書を受け撮ることにし、息子を後部座席に座らせて落ち着かせた」とし「私が少しの間、外に出ていた間に息子はドアを開いて出て、制止する間もなく駐車場の欄干を越えてそのまま落ちた」と話した。

◆遺族、Aさんの死因究明要求

救急室に運ばれたAさんは上級病院に移された後、治療過程で心肺停止で死亡した。直接的な死亡原因は過多出血と多発性骨折だ。

アンさんは「息子がワクチンの副作用に伴う心身微弱状態で事故に遭った」と主張した。持病がなかったAさんがワクチン接種以降、異常反応を示し、せん妄症状が激しくなって事故に達したという立場だ。

1次診療を行ったH病院診療のカルテにはAさんの病名を「詳細不明の脳炎、脊髄炎」と記載した。あわせて「3日前、突然の失神以降、認知変化を見せた。ヤンセンワクチン接種以降に見える認知変化で、原因を調べることが必要な状況」としながら上級病院での診療を依頼した。

アンさんは「息子が命を失う前まで異常反応を示した原因はワクチン接種以外にはないと考える」とし「お金をたくさん稼いで親孝行するという息子を一瞬にして失った。息子の悔しさを晴らせるよう原因を究明したい」と話した。警察は8日、Aさんの解剖検査を行った。結果は半月後に判明する。

「ヤンセン接種した息子が突然意味不明なことを…精神錯乱で転落死」=韓国(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP