주요 기사 바로가기

韓国プロ野球に続いてサッカーでも感染者続出、Kリーグは中断せず

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.14 15:18
0
新型コロナウイルス感染の第4波で韓国プロ野球が中断したが、プロサッカーKリーグでも感染者が続出している。しかしリーグは中断されない見通しだ。

Kリーグ1は代表試合とアジアサッカー連盟チャンピオンズリーグ(ACL)の開催で休息期に入っていた。20日から第20ラウンドの試合を再開する。しかしコロナ感染者の発生で日程調整が避けられなくなった。

韓国プロサッカー連盟は13日、「20日にソウルワールドカップ(W杯)競技場で開催される予定だったFCソウルと済州(チェジュ)ユナイテッドの試合を8月18日に延期した」と発表した。6日に済州の選手1人が新型コロナ陽性判定を受けたからだ。済州は球団の全構成員と協力会社の職員全員が新型コロナ検査を受け、7日に全員が陰性と判明した。しかし該当選手と接触した済州選手団内の多数が自宅隔離対象者に分類され、団体練習ができていない。17日の再検査で追加で陰性判定を受ければ18日に隔離が解除されるが、20日の試合の準備は難しいと判断した。

城南(ソンナム)FC、大邱(テグ)FCの選手団にも感染者が発生した。城南は5-10日、江原道高城(コソン)で短期キャンプを行った。その後、コーチ1人が体に異常を感じて陽性判定を受けた。選手団の検査以降、感染者は11人(選手5人、スタッフ6人)に増えた。防疫当局は城南選手団の一部に24日まで自宅隔離を通知した。

大邱はACL出場のためウズベキスタン・タシケントに遠征し、12日に入国した。選手1人が陽性判定を受け、残りの選手は2週間の自宅隔離に入っている。

プロ野球では5人の選手(NC3人、斗山2人)が陽性判定を受けた。マニュアルではリーグを進行すべきだが、KBO理事会は全体の中断(30試合)を決定した。来週から東京オリンピック(五輪)休養期という点を考慮した判断だ。有利・不利を問いただす一部の球団の意見が反映されたという解釈もある。

しかしKリーグは延期された試合を除いて正常に進行する計画だ。過去にソウルと忠南牙山(チュンナム・アサン)で感染者が発生した当時、該当チームの試合日程だけを延期した。

先月はソウル・イーランドの選手1人が感染したが、追加の感染者と密接接触者がいなかったため、予定通り試合を行った。FC安養(アンヤン)も外国人選手ジョナタンとニルソン・ジュニア、イ・ウヒョン監督がそれぞれ別の経路で感染者と密接接触し、該当者だけを抜いて試合を消化した。

連盟関係者は「全面的な中断は考慮していない。まだ予備日に余裕がある。大邱と城南の場合は疫学調査の最終結果を確認した後、進行が難しい試合だけを順延する計画」と伝えた。また「球団も防疫に集中している。防疫指針を守る限度内でマニュアルに基づきリーグを進める」と説明した。

一方、Kリーグは12日から首都圏の試合を無観客で行っている。首都圏の社会的距離が「第4段階」に調整されて取られた措置だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国プロ野球に続いてサッカーでも感染者続出、Kリーグは中断せず

    2021.07.14 15:18
    뉴스 메뉴 보기
    昨年、無観客で行われたKリーグの光州-城南戦。チョン・シジョン記者
    TOP