주요 기사 바로가기

「韓国プロ野球NC選手、宿舎で外部の人と酒…そこで感染」主張で波紋

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.14 11:08
0
韓国野球委員会(KBO)が一部の球団の新型コロナ感染拡大を理由にリーグ中断を決定した。こうした状況の中、NCダイノス球団の選手らが宿舎で酒を飲み、そこに野球と関係のない外部の人も含まれていたという主張があり、波紋が広がっている。

13日午後、MBCスポーツプラスニュースのパク・ドンヒ代表記者はMBCラジオ番組「ピョ・チャンウォンのニュースハイキック」に出演し、「NCの一部の選手、4人以上の選手と外部の人が同席して酒を飲んだことを私が確認した」と主張した。

NCの選手らがソウルの遠征宿舎のホテルで外部の人と酒を飲んだという説明だ。ここに同席した人の一部が新型コロナに感染した。パク記者は「NC球団は防疫を徹底していると主張したので、ひょっとしてホテル関係者との接触ではないかと思ってホテルに行ってみた」とし「そのホテルでは『私たちは防疫を徹底している、なぜこの問題が発生したかはKBOがよく知っているはず』という意味深長な話をした」と伝えた。

パク記者は「取材をしてみると、NCの感染者の一部の選手と外部の人が一緒に酒を飲み、そこで感染が広がった」と話した。

今月5-7日、NCの選手は斗山ベアーズとのソウル遠征試合日程でホテルを利用したが、8日にホテルで感染者が発生した。これを受け、検査をした結果、NCの選手3人が新型コロナに感染したことが明らかになった。斗山にも感染者が発生した。隔離対象者はNCが1軍エントリー選手の64%、斗山は68%にのぼる。これを受け、KBOは12日、緊急理事会を開き、リーグの中断を決定した。1チームあたり6試合ずつ順延され、前半戦が早期に終了した。プロ野球は8月10日に再開される予定だ。

NCは12日午後に発表した謝罪文で「選手団の中で新型コロナ感染者が発生し、KBOリーグの進行に支障が生じた。すべての野球ファン、KBO会員会社、パートナー会社、各チーム選手団、リーグ事務局関係者の皆さんに頭を下げてお詫びする」と伝えた。

波紋が広がる中、NC球団は「防疫当局は個人情報保護を根拠に感染者を明らかにしていない。球団は感染者が出た後、感染状況に関する経緯を聞いて8日にKBOに報告した。防疫当局が防疫守則違反に関連して12日に検査を開始し、まだ調査の結果が出ていない。防疫守則を違反したという結果が出れば懲戒処分する予定」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国プロ野球NC選手、宿舎で外部の人と酒…そこで感染」主張で波紋

    2021.07.14 11:08
    뉴스 메뉴 보기
    NCダイノス
    TOP